Violet@Tokyo

セリーヌ・ディオン東京ドーム公演・2018。圧巻の歌声に酔いしれた夜

約 6 分



6月26日、東京ドームで開催された「Celine Dion Live 2018 in Japan」に行ってきました。

夢の一夜はあっという間に終わってしまったけど、世界最高峰のエンタメに触れると、数日経っても夢心地でいられますね。3日経った今でも、セリーヌ・ディオンの透き通った歌声が、まだ脳裏から離れません。

ここ数日、友達からもよく感想を聞かれます。魂を揺さぶられるような歌声に触れると「良かったよ〜」以外の言葉が見つからず、こういうのを言葉にできない感動と言うのだと、身を持って知りました。

このライブは8月25日にWOWOWで放送されます。詳細は後半に記載しています。

夢の一夜はこうして始まる

約10年ぶりの来日公演。セリーヌ・ディオンの歌声を求め、電車に乗って一路東京ドームへ。

午後6時。開演ギリギリに水道橋に到着。駅からは東京ドームに向かう人・人・人。その顔はいずれも、いよいよ始まる夢のひとときを思いっきり堪能しようと、この日が来るのを指折り数えて待ちわびてきた人ばかり。もちろん私もその中のひとりです。

「早くセリーヌの歌声を聞きたい」という気持ちの中に、「とうとうこの日が来ちゃった」という相反する気持ちがほんの少しだけ入り混じる。夢の時間はあっという間に過ぎてしまう。ずっと待ちわびていただけに、終わったら気が抜けてしまうかも…。と、始まる前からそんなことを考える私。どんだけネガティブなんだ。

ライブ開始

午後7時。約1時間遅れでセリーヌ登場。会場の熱気は一気に高まります。スマホなら撮影OKなのでがんばって撮ったけど、画質悪すぎ。ゴールドのスーツに身を包んでいる様子はスクリーンでなければ確認できず。録画もしたけど音が割れて、ブログでは使えないので動画はボツにしました。

セットリストはコチラです。一曲目はいきなり大ヒット曲、「パワー・オブ・ラヴ」です。この曲を歌い始めた瞬間、会場からあちこちで歓声が沸き起こりました。歌い終わると割れんばかりの大きな拍手が会場中に響き渡ります。この瞬間に立ち会えた幸せに対する拍手。「ずっと待ってたよ」という拍手。「ようこそ日本へ」という拍手。

夢の時間はこうして始まりました。

図に乗って贅沢な願いを書いてみる

次々に代表曲を歌う中、ひときわ大きな歓声は6曲目の「美女と野獣」。オリジナルではピーボ・ブライソンとのデュエットでした。さすがにそこまで望むのは欲張りすぎだろうと予想はしていたけど、やはりオリジナルどおりの歌声が聞きたかったですね。

これは15曲目の「To Love You More」も同様です。バイオリン演奏が葉加瀬太郎でなかったのがほんの少しだけ残念。次はぜひ実現してほしいです。

ラストはこの曲

映画「タイタニック」のテーマソング・「MY HEART WILL GO ON」、この曲に関しては、いまさら説明の余地はないですね。感極まって涙ぐむ女性もいました。

この曲を聞いたとき、時の流れを感じました。オリジナルと比べると、伸びやかな高音部や声量は変わらないけど、低音部の声とか歌い方が少し違ってると感じました。でも人々を魅了する円熟味は以前よりもはるかに増して、情感豊かに、よりドラマチックな仕上がりになってます。

女性としてのセリーヌ・ディオン

前回の来日から10年。この間、最愛のご主人・レネ・アンジェリルとの別れを経験したセリーヌ。2016年のことです。

幼い頃から天才少女とうたわれ、数々の名誉ある賞を総なめした華々しい経歴の持ち主。そんな「世界の歌姫」と呼ばれるセリーヌが愛した唯一の男性です。「他の男性とはキスをしたこともない」と、インタビューで答えてました。

離婚歴を複数持つ26才年上、しかも子持ち。セリーヌが12才の時に知り合い、19才で恋に落ち…。セリーヌを売り出すために、自宅を抵当に入れてまでお金を捻出した男性です。

1994年、周囲の反対を押し切って結婚。どうしてもこの人の子供を産みたいと、何度も体外受精をして3人の子供を授かり、夫・レネ・アンジェリルが咽頭癌で余命いくばくもないとわかると、全ての仕事をキャンセルして献身的に尽くしたという話は有名。

アンジェリルの死後は、彼の”手”をレプリカにして、大切なショーの前夜は「うまくいきますように」と握手するのだそう。この日本公演に際しても、きっとその”儀式”を行ったことでしょう。おかげで大成功でした。

これほどまでに一途に愛を貫く強さがドラマチックな歌唱の礎となっているのでしょうか。単に才能だけでは語りきれない、才能の域を超えて、女性としての魅力に溢れたステージでした。一言で表すなら「たたずまいがステキな人」という感じ。愛情深い人は強い人と言われてますが、セリーヌ・ディオンはまさにそんな感じの女性です。

WOWOWで放送決定

過去、歌姫と呼ばれる人たちのライブは欠かさず行きました。ビヨンセ、マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、ダイアナ・ロス、マドンナ…。その中でもセリーヌ・ディオンは別格でした。

一夜限りの日本公演なので、今回行けなかった方も多いかと思います。そんな方は、8月25日にWOWOWで放送される番組を御覧ください。

「でもWOWOWなんて入ってないし…」という方、これを機会に加入しちゃいましょう。ラスベガスまで行かなければ聞けないセリーヌ・ディオンの歌声をご自宅で聞けるチャンスですよ。しかも初月は無料で視聴できます。

加入したからといって、ずっと加入し続けなくてもいいのです。契約月は解約できませんが、翌月には解約できます。もちろんその月の分は料金がかかりますが、仮に月初めに解約をしたとしても、月末まで放送を楽しむことができます。

解約手続きはとてもかんたん。違約金もかかりません。私もふだんは加入していませんが、観たい番組がいくつか重なる月だけ加入しています。

WOWOWの未加入の方は以下のリンクからどうぞ!



また来日を記念したアルバムも販売されていますので、ぜひこの機会にセリーヌ・ディオンの魅力に触れてみてください。魅了されること請け合いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :