Violet@Tokyo

人間関係

Category



相手を不快にさせない上手な反論のしかた

人との会話で難しいのは、相手に不快な思いを与えずに上手く反論する方法です。関係が悪くなるのを恐れて言いたいことを伝えずにいれば、現状は変わらず。自分のイライラがつのるばかりです。かといって言葉を選びながらやんわり伝えても、果たしてちゃんと伝...

強すぎる仲間意識がウザい!不要だと思う理由

ふだん何気なく使っている言葉「仲間」について、思うことを書いていきます。「仲間は必要か」と問われればYESと答えます。でも何かにつけて「私たち、仲間だよね」と、やたらに仲間意識を強調されるとむず痒くなる私がいます。ごく控えめに言ってウザい。...

女が派閥を作りたがる理由

人の集まりには派閥はつきもの。面倒なことはイヤ。煩わしいことには関りたくない、付かず離れずでいようと思っている人も、気がつくと一定のグループに仲間入りしていることはよくあります。特にママ友やご近所付き合いが多い女性にはつきものです。そんな時...

友達への謝罪はメールよりも直接伝えるのが吉!

謝罪のしかたによって、その後の結果が天と地ほど変わってくるのはよく知られた話です。友達に謝罪をするときは、相手に対する甘えがあるからよけいな自己弁護やよけいなひと言が加わってしまいがちです。そのため謝るのならメールではなく、直接会って伝えた...

人が孤独を感じるのはどんなとき?

どんな時に孤独を感じるのかについて考えてみました。大人になってからの孤独は一人でいる時ではなく集団の中で感じます。一方若い時の孤独は、みんなと違う自分を発見したとき。でも実は、孤独の本質は自分の中にあるのです。

自分しか愛せない男・誰も愛せない男ほど「一緒にいても楽しくない」と言う

前彼に「一緒にいても楽しくない」といわれてフラれた女性の書き込みを読んで思うこと。それは「一緒にいても楽しくない」というのはただのこじつけで、最初から好きじゃなければ、別れの理由なんてあってないようなものです。こういう人ほど自分がいちばん大...

陰湿な女のいじめは嫉妬から生まれる

「独善とは善意の服を着てやってきて、嫉妬はいつも正義の服を着てやってくる」 タモリはいいこと言いますね。女のいじめの多くは、嫉妬が原因です。中でも特に厄介だと思うのは、世間体を重んじるあまり、表面的には「正しい人」の体を保ちつつ、軽くチク...