Violet@Tokyo

人間関係 ( 2 )

Category



陰湿な女のいじめは嫉妬から生まれる

「独善とは善意の服を着てやってきて、嫉妬はいつも正義の服を着てやってくる」 タモリはいいこと言いますね。女のいじめの多くは、嫉妬が原因です。中でも特に厄介だと思うのは、世間体を重んじるあまり、表面的には「正しい人」の体を保ちつつ、軽くチク...

後ろめたい人ほど饒舌になる

後ろめたい人ほど饒舌になる、というのは世間一般でよく知られた話。でも、逆効果ですね。喋れば喋るほどボロを出し、相手にどんどんヒントを与えていきます。そのヒントを元に矛盾点を指摘すると、図星であればあるほど支離滅裂なことを言い出し、最後には怒...

口止めしたのに…。秘密をばらすと秘密をばらされた人。どちらに罪がある?

「誰にも言わないでね」と念を押して打ち明けた秘密なのに、いつの間にか周囲に知れ渡ってしまうというのは世の常。口さがない女性の世界は特に多いことです。するとバラされた人は被害者ヅラして血眼になって犯人探しをします。そんな姿を目の当たりにしたと...

他人を引き合いに出して比べる人への対処法

年の功とでも言いましょうか。仏心が芽生えたかどうかは定かではありませんが、大抵のことは笑ってやり過ごせるようになりました。お迎えも近いと思います。 けれどそんな私でも、これだけは我慢できないというものがあります。 それは、その人の足りない部...

口が悪い上司との、心を守る付き合い方

仕事で、口が悪いことで有名な上司と組むことになり、ちょっとブルーな気分です。「口が悪い人」というのも様々なタイプがあります。その人の場合は、意図的な意地悪さはありません。「そこまで言うか?」みたいに、あまりにもストレート過ぎる言い方をするの...

調子いい時だけ近寄ってくる人を信じるな

年明け早々、学生時代の友人たちと集まりました。これは卒業以来、毎年の恒例行事。それ以外にも年に数回、ことあるごとに集まっているわけですが、もし私に一つだけ誇れるものがあるなら、彼らこそが以下の条件を兼ね備えた友だちであるということ。 嫉妬し...

大変アピールする人に対抗する手段

誰かに同情や理解が集まるような場面になると、それに対抗するかのように「私の方が大変アピール」してくる人っていませんか? その場が気まずくなるだけでなく、モヤモヤッとした後味の悪さを覚えます。