Violet@Tokyo

ヴィオレが来た頃~社会化期

約 3 分

640x640xb8c862cd392d23f5034b4698

バック・イン・ドック。この手作りのバックには思い出があります。

仔犬はワクチンが終わるまで、外でお散歩はできません。

ところがその時期は「三つ子の魂百までも」という言葉に匹敵するほど、犬にとって大切な大切な社会化教育の時期なのです。

だからお散歩デビューまでの日々はこのバックに入れて外の世界に慣らしていきました。

よその人やよその犬、あるいは人ごみ、少しずつ少しずつ馴致していきました。

そのために作ったバックです。

寒い時期だったから風邪をひかないようにとモコモコの裏地も付けました。

ちなみに私、お裁縫なんて大キライなのです。

でも死ぬ気になれば、出来ちゃうんですよねー。人間の底力というのは不思議なものです。

そしてこの頃の最大の思い出はやはりこれ。

839x629xb8c862cd392d23f5034b4698

ヴィオレ、モデルになる

仔犬の躾の本にヴィオレが参加したこと。この時期にしかできない貴重な体験でした。

生後5か月のヴィオレはバスに乗って電車に乗って地下鉄に乗って都内の人混みを歩いてスタジオに向かいました。

本の撮影には丸一日かかったし、大人の私でさえ疲れたのに、よくヴィオレはがんばったと思います。

出来上がった本は日本文芸社の「トイ・プードル はじめての飼い方・しつけ方―写真とイラストでわかる愛犬と楽しく暮らすヒント 」という本。その時に撮った写真は以下。

638x638xb8c862cd392d23f5034b4698

640x480xb8c862cd392d23f5034b4698 つい昨日のことのような、それでいてとても懐かしいような…。

感慨深いなぁ…。

撮影風景の画像はこんな感じ。

img703_171-7115_IMG1

img705_171-7118_IMG1

img707_171-7122_IMG1

この時の本も写真も、大切な大切な宝物です。

この画像を見ると、三島先生の「モデルさーん、お仕事ですよー」という声が今でも聞こえてくるようです。

ヴィオレを迎えたことで、普通に暮らしていたらできない経験をたくさんしてきました。その一つ一つが愛おしく、ヴィオレと暮らした日々はかけがえのない財産です。

全ての命は永遠ではない。だから今この時、この瞬間こそが宝なのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/11)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :