Violet@Tokyo

商品管理プラグインRinker(リンカー)もしもアフェリエイトの設定方法

約 3 分



オススメ商品の紹介と管理ができる、WordPressプラグイン・Rinker(リンカー)の補足記事です。

紹介記事の中で「導入から設定までは、公式サイトに全て書かれています。しっかり読めば、迷うことはありません。特にこれまでカエレバやAmazonJSを使ってた方なら、ものの数分で終わるはず」と書きましたが、ひとつだけ「アレ?」と思った箇所がありました。それは、もしもアフェリエイトの設定。

以下のリンクはRinker(リンカー)公式サイトです。

その中に、このような画像があります。ここで迷った方もいるのではないですか?

ところが実際の設定画面は、以下のようになっています。

すでに設定済みになっているキャプチャーを使用したため、モザイクがかかった数字が入っていますが、これが完成形です。

そこでこの記事では、Rinker(リンカー)の、もしもアフェリエイトの設定方法をお伝えします。

もしもアフェリエイトでAmazon、楽天、Yahooと提携する

会員登録がお済みの方はもしもアフェリエイトにログイン、まだの方は会員登録をします。

会員登録はこちらからどうぞ。

次にAmazon、楽天、Yahooと提携します。

サイトを複数持っている方は、必ず以下の画像にある「サイトを選択」の箇所を確認して作業を進めるようにします。

広告リンクを作る

提携が完了したら、IDを確認するために、Amazon、楽天、Yahoo、それぞれの広告リンクを作成します。

1.Amazon作成例

  1. サイト名を確認
  2. Amazonの広告リンク取得

すると、以下のようなコードが表示されます。

このモザイクのかかった「ココ」と書かれた数字を、Rinker(リンカー)の設定画面「AmazonID」の欄に記入します。

2.楽天作成例

それ以降は同じことの繰り返しです。

1 サイト名を確認し、2 楽天で「広告リンクを取得」ボタンから広告コードを作成。

「ココ」と書かれたモザイクの数字をRinker(リンカー)の設定画面「楽天ID」の欄に記入します。

3.Yahoo作成例

同じ手順なので取得したコードの画像だけ載せておきます。

これでもしもアフェリエイトのAmazon、楽天、Yahooの設定は完了です。

なお、各モザイクにわざと最初の数字を表示したのは、それぞれが違う数字であること、それぞれに設定が必要であることのアピールのつもりであえてそうしました。

もしもアフェリエイトを優先させることのメリット

もしもアフェリエイトの設定をしなくても、公式のAmazonアフェリエイトと楽天アフェリエイト、Yahooならバリューコマースで設定さえすれば、用は足ります。

しかし、もしもアフェリエイトと連携をしておけば、合算金額1000円以上で現金化できます。ちなみにAmazonは最低支払金額が5,000円です。そのため「もしもリンク優先ショップ」のチェックだけは必ず入れておくようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :