Violet@Tokyo

Windows LiveメールにGmailアカウントを設定する手順

約 1 分

前回はWindows LiveメールでYahoo!メールアカウントを設定する手順をご紹介しました。

今回はWindows LiveメールにGmailアカウントを設定する手順のご紹介です。

手順としては、

  1. Gmail側での設定をすませる
  2. Windows Liveメールでの設定をする

というこの2点です。これを頭に入れて設定作業を進めていきましょう。

Gmailの設定をする

Gmail上段にある設定ボタンをクリックします。

2.gif

設定画面に入り、「メール転送とPOP/IMAP」ボタンをクリックします。

5.gif

「すべてのメールでPOPを有効にする」と「IMAP」を有効にする」にチェックを入れて「変更を保存」します。

3.gif

Gmail側の設定は以上です。

Windows Liveメールの設定

「アカウント」→「電子メール」をクリックすると次のような画面が出てきます。

4

Gmailアドレス、パスワード、表示名を記入し、「手動でサーバー設定を構成する」にチェックを入れてサーバーの設定をしていきます。

image

記入する内容は以下。

記入すること

  • 受信メールサーバーの種類(M)に「POP3」
  • 受信メール(POP3)(I)に「pop.gmail.com」、ポート番号995
  • 送信メール(SMTP)(U)に「smtp.gmail.com」、ポート番号587
  • 「セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要」にチェック

1

以上で設定は完了です。

後の細かい作業はフォルダー ウィンドウに表示された「Gmailアカウント」を右クリック→「プロバディ」画面から進めていきます。

image

設定が完了したら送受信テストをしてみましょう。

私は今回もYahoo!メールでつまづいたのと同じ箇所、つまり受信はできるけど送信ができないという状態になりました。最初は送信メールのポート番号を465にしていたのです。

そこで以下を参考にしながらポート番号を587に変えたところ、すんなりクリアーできたので、最後にそのリンクも貼っておきますね。今回は以上です。

参考にしたサイト

POP を使用して他のメール クライアントで Gmail のメールを読む

メール設定変更手順

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

RECOMMEND

(最終更新:2017/08/20)
UA-58224322-1