Violet@Tokyo

インクジェットプリンター・キャノン・TS8130とエプソン・EP-880Aは、どちらがオススメ?

約 7 分



今まで使っていたインクジェットプリンターがとうとう壊れました。

そこで新しいプリンターを探すべく、電気店をハシゴした結果を記録します。

キャノンVSエプソン・夏の陣

家庭用プリンター探し初日の今日、近くの電気店・2店舗をハシゴしました。

2店舗共に、店員さんが熱心に勧めてきたのがこの2機種。キャノン・TS8130とエプソン・EP-880Aです。

キヤノン
¥15,444
(2018/08/21 05:39:31時点 Amazon調べ-詳細)

同等の機能が備わり、同じくらいの価格。ざっくり言えば「文書を主流にするならキャノン、写真を主流にしたいならエプソンを選べばいい」という説明でした。

価格もお手頃で、大きさも場所を取らずコンパクトです。

また、最近出ているエコタンク搭載モデルについてですが、パンフレットには「ボトルからかんたん補充」とありましたが、ふと万年筆を思い浮かべ、カートリッジの方が簡単そうなので却下。

家庭用はインクジェットプリンターが主流?

プリンター売り場の大半を占めていたのは、インクジェットプリンターばかり。レーザープリンターもあることはあったけど、ほんの数台。あってもモノクロ印刷用ばかりでした。

2店舗共にカラー印刷ができるレーザープリンターは店頭での扱いはなく、取り寄せになるとのことでした。

実は両方を見たいと思って自宅を出たのですが、その旨を店員さんに伝えると、取扱いがないからでしょうか、カラー印刷ができるレーザープリンターは場所を取るとか、一般家庭用ではないとか、トナー(インク)がバカ高いとか、まぁいろいろ言ってましたよ。店側の「今、ここにあるものを売りたい」という意図だけはビシバシ伝わってきました。

でも確かにそのとおりで、最近は家庭用のレーザープリンターもコンパクトになったとはいえ、やはり場所を取るし、インクジェットプリンターでふつうにできた「縁無し印刷」はできません。そのあたりがネックだったので、ネットでポチリではなく、店に足を運んだのですが、実物がないため収穫なし。

まだまだ家庭用のプリンターは、インクジェットプリンターが主流のようです。だけとインクジェットプリンターも、メンテナンスがあるからなぁ…。

インクジェット「EP-774A」が壊れた経緯

これまで使っていたのは、エプソン・EP-774Aというインクジェットプリンターです。ガンガン使うというわけでなく、年賀状を作成するときに使用する程度のライトユーザーです。しかも昨年は喪中ということもあったため、いつから不調だったのかも記憶していないくらい、使用頻度は少なめです。

先日、会議に持ち込む書類をコピーしようと思ったら、画面が汚くて文字が全く読めない。仕方なくそのときはコンビニでコピーしました。特にそのことを気にするでもなく、メンテナンスをするでもなく、そのまま放置。

そして昨日、とうとうこんな状態に…。

とんでもない優勝のツケ

コトの発端はグループ戦です。優勝したはいいけど、表彰状は一枚だけ。それで一緒に参加したメンバー7人に配ろうとコピーをしたところ、以下のような状態に。

向かって左側が実際にもらったもの。右側は私がコピーしたもの。

元はオフホワイトの用紙なのに、グリーンになっている。なぜだろう?

そこから始まった怒涛のメンテナンス。ヘッドクリーニングをしたらライトマゼンダと黄色が全く出ておらず、しかもインクがボタボタと漏れて、紙面を汚す汚す。しかも補充したばかりのインクがどんどんなくなり、補充を促すメッセージが表示されるではありませんか。こんなことは今までありませんでした。

ネットで調べると、(機種は違うけど)同じような症状に悩まされた人がいるみたいですね。優勝のツケがこんなところに来るなんて…。バカ高いインクがもったいない、これ以上はインクの無駄ということでこの日の作業は終了。そしてこの先どうしようかと考えました。

修理に出す価格で同等のプリンターは楽に買えます。でもノズルの詰まりやインクの残量を気にしながら印刷をする、それらもろもろのストレスを考えたら、これからはレーザープリンターという手もアリかなと思い、次はインクジェットだけでなく、レーザープリンターも視野に入れようかと思ったのです。

でも実物がないなら仕方がない。また足を棒にして他の店舗も探してみますよ。

ちなみにこの2機種のアマゾンでの評価はどうかと言えば、こんな書き込みが…。

アマゾンでの口コミ

まずはエプソン・EP-880Aについて。気になる部分をピックアップしました。

参考文献

  • プラスチック外装がとても安っぽく弱々しく感じる
  • インクカートリッジが交換しにくい
  • インクの消費が過去ハンパない

引用元 : エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-880AW ホワイト(白)

補足するなら一番上の書き込みプラスチック外装の安っぽさは店頭で私も気になりました。しかしこれは、キャノン・TS8130についても同じことが言えます。それにしてもインクの消費がハンパないって…。

店員さんはA4サイズの印刷にかかるランニングコスト(インク代と用紙)は20.6円。L版の写真印刷は26.5円と言ってたけど、店員さんの言っいたこととはだいぶ違うぞ?

一方以下がキャノン・TS8130に寄せられた口コミです。エプソンに比べて比較的高評価で「インクの減りが少ない」との声がある一方、こんな書き込みも。

参考文献

  • 用紙の差し込み口と排出口がやや使いづらい
  • コピーをとる上蓋が途中で止まらなく押さえながら原紙を入れなければならないところが不便

引用元 : Canon インクジェットプリンター複合機 TS5030 WH ホワイト

やはり店頭での説明だけでなく、ネットの口コミもしっかり調べた方がいいですね。余計に迷ってしまう。結局今回は決めきれず。プリンター探しの旅は次回に続きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :