iPhoneが起動しない!リンゴループしたときの解決方法

iPhone.リンゴループ.解決方法

iPhoneのバージョンを最新の状態(10.0.2)にアップデートしていたところ、進行状況バーが表示されなくなりました。

そこでなにげなくホームボタンを押してみたところ、突然ホーム画面にリンゴのマークが表示されたまま動かない、という事態に遭遇しました。

慌てて再起動しようと、今度は電源ボタンとホームボタンを同時に長押ししたみたら、リンゴマークは消えましたが画面は真っ青に…。

私も青くなりました。「ヤバッ…」と思った次の瞬間、青い画面はすぐに消えましたが、再びリンゴマークが表示されたままビクともしません。ボタンが全く反応しないのです。

これがいわゆる「リンゴループ」です。

現在使用している端末は、iPhone5s。

アップデート中のリンゴループは意外と多い

このリンゴループ、調べてみると意外と多いみたいですね。

「iPhone リンゴマーク 起動しない」というキーワードで検索してみたところ、実にたくさんの解決策がネット上に書かれていました。

原因も様々です。私の場合はアップデート中にスリープ状態、もしくは電源が切れたかのどちらかです。

とにかくアップデートが完了しないうちに中断してしまい、その結果起動できなくなったというわけです。

何の前触れもなく予想だにもしない事態に遭遇すると、人はつい慌ててしまうものですが、心配ご無用。

やってみたら意外とかんたんに復旧できたので、その方法をご紹介します。

iPhoneをPCのiTunesと接続する

再起動を何回か繰り返しみたのですが、事態は一向に改善せず。セーフモード(音量ボタンと電源ボタンを同時に押す)も試したけどダメ。ただし、人によってはこれで改善する場合もあるようです。

そこでiPhoneのホームボタンを押しながらiTunesがインストールされたPCに接続してみました。

するとiTunesへの接続画面に切り替わるのですが、「リカバリモードのデバイスを見つけました」といった復元を促すメッセージが表示されます。

そこで以下のサイトを参考にしながら作業を進めていきました。

iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合

「リカバリーモードとはなんぞや?」

上記サイトにはリカバリーモードについて「強制的に初期化が必要な状態になってしまった」と書かれています。

早い話が「初期化しろ」ってことらしい。

それでもPCがデバイスを認識してくれたので、後はPC画面・iTunesの指示に従って作業を進めていくだけ。

これ以降は以下のサイトを参考にしました。

リカバリモードから復元する

iTunesからの復元はこちら。

iPhone の利用開始設定をする( iTunes に保存したデータを復元する場合)

バックアップは大切!

「復元」それつまり、それまでのデータは全て消失し、工場出荷時の初期状態になること。ちょっと怖い気もしますよね。

でも慌てることはありません。事前にバックアップさえ取ってあれば大丈夫

実際私も先月発売された「iPhone7 or 7plus」にしたいと思っていたので、その準備を兼ねてiTunesにデーターを移しておいたところです。本当に、不幸中の幸いとはこのこと。

そしてもう一つ。iTunesも最新のバージョンにしておくことが大切です。

最後に

今までもふつうにiPhoneのバージョンアップはしてきましたが、このようなトラブルは今回が初めてです。そろそろ取り替え時ってことなのかしらね。もう、冷や汗が出ました。

作業自体は大変ではなかったけど、「もしバックアップを取ってなかったら」と思うと、今更ながら怖くなります。

その場合はアップルストアに持ち込み、修理を依頼するしか手はないかもしれません。

となれば早いところ、新しい端末(iPhone7 or 7plus)に乗り換えた方が良さそうです。

正直なところ、まだどちらかにしようか迷っていますが、早急に答えを出すつもりです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
iPhone.リンゴループ.解決方法

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。ブログの管理人Violetです。 このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!