Violet@Tokyo

MacBook Pro・2016を傷から守りたい!私が選んだおしゃれなスリーブケースをご紹介します

約 1 分

2016年・最大にして最高の買い物と言えば、先日購入したMacbook Pro。

購入からすでにひと月以上経過していますが、使い心地の良さとデザインの美しさに魅了され、日に日にMac熱は増すばかり。

「これで外に持ち出せる。好きなときに好きな場所で作業ができる」と喜ぶ反面、ハタと気づきました。

「外に持ち運ぶにしても、スリーブケースがないっ!」

「これがなければ持ち運びのしやすさを考えて13インチにした意味がないじゃん!」

「そもそも、持ち運びしたいからノートPCにしたのよね…」

ということで、必死に探してみました。

探す基準は以下。

  • お硬いビジネス風なものではなく、おしゃれで遊び心があること
  • 男女兼用で使えるもの
  • 汚れの目立たないもの
  • おてごろ価格であること
  • 購入者が高評価したもの

そんな条件を叶えるスリーブケースをいくつかご紹介します。

Herschel SUPPLY (ハーシェル サプライ)のスリーブケース

私が購入したのはハーシェルの「NAVY/RED」です。探し回った結果、ハーシェルに決定しました。

HERSHEL SUPPLY(ハーシェル サプライ)といえばカナダに拠点を置くバックブランド。

現在大注目のブランドで、ゾゾタウンなどでも売り切れ続出中です。

  • 機能性・耐久性に優れている
  • 高品質なのにお手頃価格
  • スタイリッシュなデザイン
  • 使うシーンを選ばない

以上が人気の理由ですが、私が先に挙げた条件をいくつも満たしています。ハーシェルのスリーブケースなら品質はバッチリ。楽天のレビューを読んでも評判は上々です。

届いたら早速レビューしますね。

さて以下でご紹介するスリーブケースは、数ある商品の中から購入者の評価が高かったものです。その中から更にデザイン性に優れたものをピックアップしました。

RMCのスリーブケース

デザイン・サイズともに種類が多く価格もお手頃。最初はこちらにしようかとずいぶん迷いました。特にくまモンが可愛い!

マリンスポーツに使われる「ネオプレーン」という素材を使用しているため、耐久性・伸縮性に優れている、というのが最大の特徴です。

ケーブルやマウスなど周辺機器を収納できるアクセサリーケースも同じデザインで揃えることができます。

Amazonのベストセラー・フェルト素材のスリーブケース

Moleskine(モレスキン)のスリーブケース

手帳ノートで人気を博しているモレスキン。ゴッホやピカソが愛したといわれる歴史あるブランドです。

さてこのスリーブケース、色は黒・ブルー・レッドの3色展開していますが、このレッドがダントツで可愛い!

しかも上品!

価格はちょっとお高めですが、モレスキンファンの方は候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。

レビューでは男性を中心にブルーが人気です。

となると、彼と色違いで揃えるという選択肢も大いにアリです。

今回は予算の都合で見送りましたが、モレスキンはいつか絶対にゲットしたいのでここに載せておきます。

最後に

PCの周辺機器というと、どうしても機能性だけに重点が置かれ、デザインは二の次になりがちで、その味気なさがなんとも不満でした。

けれど毎日持ち運ぶものだからこそデザインにもこだわりたいと、最近では思っているのです。

今回ご紹介したスリーブケースは全てバックの中に入れるタイプのもの、つまりインナーケースばかりですが、バックに入れてしまうのがもったいないと思わせるようなスタイリッシュなものを中心に集めてみました。ぜひご参考になさってください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

RECOMMEND

(最終更新:2017/08/20)
UA-58224322-1