Violet@Tokyo

What I Think

Category

はあちゅう氏「手っ取り早くSNSで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよいらしい」発言に思うこと

はあちゅうさんがまた炎上。今回は「手っ取り早くSNSで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよいらしい」に対し、ペットを家族の一員として愛情を注ぐ飼い主さんから批判殺到。の発言には大きな間違いがあります。それは、「動物コンテンツは炎上しづらい」...

「私より大変な人がいる」という危険な発想

真面目な人ほど「私より大変な人がいる」と、自分を追い込む傾向にあるようです。でも、この発想はとても危険です。以下、それらの理由について書いていきます。

批判を嫉妬と決めつけるだなんて、とんでもない思い上がりですこと

ネットでは、「批判」を「悪」だとする風潮があります。 「批判する人は、だいたいが醜い嫉妬だ」と決めつける人までいます。でも果たして本当にそうでしょうか?いえいえ、「批判=嫉妬」だなんて、思い上がりもいいところだと思ってます。なぜ思い上...

【辞めると言ったのに辞めない】人を試すための辞める辞める詐欺

「辞める辞める詐欺」の被害に遭いました。本気で辞める気もないのに、人を試すために「辞めます」宣言をする人は本当にダサいな、というお話しと、私が受けた辞める辞める詐欺の被害状況について詳しくお伝えしていきます。

【はれのひ事件】被害者に向ける心無い、批判の言葉に思うこと

自分が日常の生活を送っていても、どこかから非日常の空気が入り込んできます。暗いニュースであればあるほど、求めずともどこからでも入ってくるものです。最近では成人式当日に起きた「はれのひ」の件。あれはひどい事件です。 ニュースで第一報を聞いたと...

「今年こそ変わりたい」と、変化を願っても叶わない理由

新しい年を迎えると、必ず目を通すのが石井ゆかりさんの占い。 今年のふたご座のキーワードは「変化」とありますが、ふたご座に限らず、年頭は変化を意識する人が多いみたいです。 あちこちのブログを読んでいると、この時期は各自の心の器の奥底に秘めた内...

逆効果になる残念な謝罪の仕方

今年ほど、謝罪の仕方がまずかったために、より事態を悪化させてしまったケースを目の当たりにした年はありません。特にネット上のインフルエンサーと呼ばれる人たち。そこで今回は、どのような謝罪の仕方がNGなのかを考えていきます。

はあちゅうさんが告発したセクハラ・パワハラの件と、はあちゅう叩きの違和感

昨日からネットは、はあちゅうさんの話題で持ちきり。昔からパワハラ・セクハラは数え切れないくらいありましたが、「自分さえ我慢すれば」と、被害者はたいてい泣き寝入りをするのが圧倒的でした。だから今回のはあちゅうさんの行動を見て、良い時代になった...

知識・経験ゼロ!主婦の安易な起業は友を失くす

キラキラ起業女子を始めとする、主婦の起業がブームですね。その波はとうとう、私の近くにも及んできました。専業主婦をしていた知り合いが、突然自宅でエステサロンを始めると言い出したのは今年の初め頃。何の基礎も知識も、特に経験、感覚的な経験のない人...

「悪しき慣習を改革したい」と思った時の第一歩

先輩・後輩の序列が強い世界には、古くからまかり通る悪しき慣習というのが多々あります。そこに新しい風を送り込もうとすると、決まって横槍が入ります。「後輩のくせに生意気だ!」 「今までこれでずっとやってきたんだ!」 その声の主は、悪しき...