続・ミュゼの返金状況

続・ミュゼの返金状況

一昨日、ミュゼの返金が遅れているという記事を書きました。→「 ミュゼの返金状況」 今日はその続編です。

先ほど記帳したところ、ジンコーポレーション名義の入金を確認しました。

返金待ちの方にとっては不安もあると思いますが、遅れはあるものの、しっかり対応してくれました。

ラブ

なにより、なにより。

 
ラブ

ようやく安心した。

倒産の噂は、現時点では憶測とされていますが、信憑性はかなり高いと感じています。これだけの騒ぎになっているのに、なぜ社長初め、上層部がきちんとメディアに出ないのか?

顧客の立場で言えばそれだけでも肯定と取らざるを得ないわけです。それをしないから解約ラッシュになるのです。

さらに、ミュゼプラチナムの社長・高橋仁さんは、ミュゼスルタンやミュゼエイリアンの馬主としても知られていますが、ここにきて所有する全て競走馬をヤマイチの坂本肇さんに売却したそうです。

倒産するかどうかはともかく、G1レースに出るような重賞馬を手放すなんて、何かが起きていることは確実でしょう。レースに出せば数千万稼ぎ出し、血統の良さゆえ繁殖に入ってからも価値が期待できる馬を多数所有していたというのに…。

思えば今年のダービーでは、スルタン&エイリアンという、ミュゼの2頭出しが話題を集めましたが、わずか数ヵ月後にこの騒ぎ。きっと、格安な値で売られたのだと予想されます。

ミュゼプラチナム、実質債務超過で顧客から解約殺到 ついに「恐れていた事態」到来」によれば

情報サイト「フォーサイト」による報道もあり、8月末、ミュゼには解約を求める顧客が殺到し蜂の巣をつついたようなパニックに陥った。コールセンターへの着信件数は平時の20倍を超え、ついに一日の解約金が契約金などの入金を上回り、「売り上げマイナス」という恐れていた事態が発生した。

とのこと。まるでジェットコースターのような急展開です。それにしてもダービーの取材には答えるのに、問題となった記事に関しては取材拒否って…。

iyaiya

ダメだ、こりゃ

ミュゼ難民はどこに行く?

さて次は、ミュゼ難民となった私の問題。今、ミュゼの解約が増えて乗り換えを考えている方も多いと思います。

実際私も「ミュゼ以外にも安い脱毛サロンはたくさんある」くらいに思い、色々なキャンペーンを利用するつもりでいましたが、正直言えば、もう薄利多売で飽和状態になっている脱毛サロンの時代は終わったかなという気持ちもあり、今は医療レーザー脱毛を考えています。

医療レーザー脱毛に着目したきっかけ

なぜ急に医療レーザー脱毛を考えだしたか、そのきっかけはミュゼの新機種であるミュゼエクスプレスです。

先月の末に、ミュゼエクスプレスを初めて体験しました。冷たいジェルを使わないで脱毛ができるのはとても楽でしたが、今までなら2週間くらいするとポロッと毛が抜けたのに、今回は全くと言っていいほど効果がありませんでした。

もし他の脱毛サロンに通って機械が変われば、このようなことは当然起こりうるわけです。

そしてもう一つ。ミュゼは勧誘がなかったけど、他ではあるかもしれないと思うと、というよりあるのが当たり前で(TBCは特に有名)、勧誘がないことでミュゼは人気になったわけです。

ミュゼのスタッフは感じが良かったけど、他が同じとは言えないと考えたら、もうエステはいいかなという気持になります。

それほど毛深くないためか、ミュゼのおかげでかなり楽な状態になりましたし、今なら医療レーザーに切り替えても、回数はそんなに必要がないと思います。

サロン脱毛と医療レーザー脱毛の比較

脱毛を始めるにあたり、脱毛エステサロンの光脱毛にしようか、医療クリニックのレーザー脱毛にしようかと迷い、両者を比べる方が多いと思います。

厳密に言えば、共に永久脱毛ではありません。 ご承知のとおり、脱毛サロンでは医療行為が禁止されています。そのためサロン側では「毛根を破壊していないから医療行為にはならない。出力を抑えているから医療行為ではない。医師免許を持たない者が施術に当たっても問題はない」と主張しています。

けれどトラブルが増加しているのも事実で、医師法違反容疑で逮捕者が出たこともあります。

飛躍的に脱毛人口が増えたことで、現在はグレーゾーンの脱毛エステ業界も、いずれは法規制が厳しくなるものと予測しています。

参考:「医師法違反」の声もある「脱毛エステ」疑惑の商法

効果の高さは医療レーザー脱毛に軍配が上がりますが、強い痛みがあり、価格も高いというデメリットがあります。脱毛サロンの光脱毛は価格は安く痛みは少ないけど、効果はレーザー脱毛の半分程度とされています。なぜなら医療行為に当たらない程度の出力に抑えているからです。

けれど効果が低いということは、当然それだけの回数が必要となり、その分の時間もかかります。ということは、お金もそれだけかかるということです。

エステ脱毛で用いられている光脱毛器(DEKA社、イタリア)では、照射後1か月で94%〜94.4%が再発毛すると記載されている(参考資料2)。ということは、エステ脱毛は実際には剃毛と同じぐらいの効果しかないということになる。とするとエステサロンは顧客にこれを正確に伝え、施術前の同意書にこれを記載する必要がある。

情報源: 日本医学脱毛学会

“剃毛と同じ”とは言い過ぎです。時間さえかければエステ脱毛でもムダ毛は確実に減って自己処理は楽になります。ただその時間を待っていられないのが女心で、早くスッキリしたいわけです。

最初は目先の値段だけで飛びついたけど、エステで長々と脱毛を繰り返すなら、最初の金額が高くても、医療レーザーの方が短期で終わる分だけ効率的と考え、いくつかの医療クリニックを検討しているところです。





続・ミュゼの返金状況

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。ブログの管理人Violetです。 このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!