Violet@Tokyo

My Lifelog

ミュゼ、いよいよ任意整理?会見に応じなかった社長が口を開いた!

約 4 分
ミュゼ、いよいよ任意整理?会見に応じなかった社長が口を開いた!

これまで会見に応じなかったミュゼプラチナム(ジンコーポレーション)の高橋仁社長が、ようやく会見をしたというニュースが入ってきました。任意整理に入ったとのことです。

脱毛エステ最大手の「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーション(本社・東京都渋谷区)は6日、借金の返済が滞り、銀行団との間で任意整理の協議に入っていることを明らかにした。
事業は続けたうえで、再建計画をまとめ、来年3月までに銀行団の同意を得ることを目指す。
高橋仁社長が同日、都内で会見して明らかにした。
ミュゼは全国に脱毛エステサロン約190店を展開し、会員は270万人。
8月下旬から9月上旬にかけて解約件数が増え、前もって支払ったエステ代金を顧客に返す費用などがかさんだ、と説明している。
昨冬以降、スタッフが不足気味にもかかわらず、テレビCMや電車内広告を打ち続け、予約が取れないなどの苦情が出ていた。
高橋社長は「過大な広告が経営の誤りだった」と述べた。

出展:脱毛エステ大手のミュゼ、任意整理 社長「事業は継続」

これまでの流れ・まとめ

・6/25 【東京アウトローズ3行情報】「巨額簿外負債疑惑」のミュゼプラチナム 「情報漏洩」で社員を解雇、社内で疑心暗鬼、広がる

・8/25 ミュゼプラチナム、資金繰り悪化で私的整理 多額簿外負債が発覚、前受金を売上計上

・8/27 ビジネスジャーナルから危ない300社リストの記事

・9/2  連載(上)ジンコーポ、私的整理で会社再建へ~新規契約が激減、解約件数も激増~

・9/4 連載(下)ジンコーポ、私的整理で会社再建へ~規模追求のロードレース型エステ事業終焉に~

・9/8  エステ大手ミュゼ「イケメン社長」豪遊の果ての経営危機

・9/13 ミュゼプラチナム、実質債務超過で顧客から解約殺到 ついに「恐れていた事態」到来

これに対してホリエモンはこのようにツイートしています。

その他の流れ・まとめ

・ミュゼショッピングでカード払いが不可となり代引きのみ

・送金サービスの不具合(解約が殺到したため?)

エステユニオンが未払い残業代の支払い等を求め団体交渉を申し入れ

・楽天Rポイントの契約終了

・社長が馬を売却

・ホットペッパービューティーからミュゼの名前がなくなる

・カードが3万円までに制限(VISAとマスター)

脱毛ラボ 「脱毛ラボは健全経営です」と、ミュゼの預かり金の問題について堂々と記載 また本日付でミュゼが新しいコメントを発表しています。

image

それによると「一部インターネットの憶測記事」として倒産や経営危機の事実はなく、事業縮小及び人員削減についても否定しています。

けれど全く説得力はありません。なぜこの時期に解約が増えたのか、仮に解約が殺到しても前受金を残しておけば債務超過にはならずに済んだはずですが、肝心の部分には触れていません。

ミュゼは「これまでどおり経営する」と言っても銀行の判断次第でどうなるのかはまだ不明です。

それにしても五百数十億もの途方もない金額…。これをいったいどのようにして銀行から同意を得るのでしょうか。経営はこれからも継続するとのことですが、預けた自分のお金の行方を心配している方にとって、この程度の説明では不十分だと思います。

来年3月までは猶予があるとも取れる書き方ですが、銀行がOKを出さなければジ・エンド。OKをもらうためには営業利益を出さなければならない。

でも解約者が殺到する今のミュゼにはその余力はない…と考えると、並大抵のことでは再建できないと、素人でもかんたんにわかります。

手っ取り早くまとまったお金がほしいためにミュゼエクスプレスを導入して全身脱毛のキャンペーンを始めましたが、今のミュゼに大金を払うギャンブラーはいるのでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

PICK UP

(最終更新:2017/04/21)