Violet@Tokyo

お金にせこい男のこんな行動とあんな口癖|その後待ち受けている残念な末路

約 5 分

女性が恋人や結婚相手を選ぶ時、相手の男性に「どのくらいの年収や貯金があるか」といった数字だけに意識を向ける女性が多いようですが、数字以上にもっとたいせつなことは、相手が「お金とどう向き合っているか」です。

それだけでおおよその人間性がわかると言っても過言ではありません。

特に避けたいのはお金にせこい男。これはもう、つきあうだけ損。

「この男、お金に超せこい!」

周囲を見渡せば、どこにも一人や二人くらいはそんな男がいるのではないですか?

私にも何人か心当たりがあります。

そこで今回は私が過去に遭遇した、お金にせこい残念な男のエビソードをご紹介します。

金を持っていても口癖は「金がない」

口を開けば「金がない」とぼやく。で、本当にお金がないのかと思いきや、車なんかチョコチョコ買いかえたりして、意外と小金を貯めこんでいる。

この手のタイプは欲がつきないから自分の状況に満足できず、思考も後ろ向きです。しかも自分の選択と決断に自信が持てないから、何度も同じ失敗を繰り返します。

大きな買い物の仕方で金に対する姿勢がわかる

お金にせこい男のこんな行動とあんな口癖|その後待ち受けている残念な末路

例えば不動産を買ったとします。人生で最大の買い物だけに、そこには人間性が如実に表れます。

一般的には可能な予算内で最高と思った物件を買い、その家を自分たちの手で居心地の良い空間にしていくのが本当に幸せな暮らしだと思うのですが、そうではありません。

しばらくすると「あの時に、あと100万あればもっと良い物件が買えたのに…」と、不動産を手に入れた喜びよりも、手に入らなかった物件ばかりが気になり、後悔の念にさいなまれます。

では仮にその時、あと100万あってそれより良い物件が買えたとします。でもこの手のタイプは確実に同じことを言うでしょう。これではお金がいくらあってもキリがありません。

だから口さえ開けば「お金がない」とぼやくのです。その口癖により、金に対する執着はますます強まり、「銭ゲバ男」への道をひた走ります。

家は幸せに暮らすための箱でしかないことにも気づかない

このように金の亡者になってしまうと、「何のための家なのか」という根本的なことさえ見えなくなります。

大きな買い物で失敗するタイプは買うことだけが目標だから、その目的を果たした後は次の買い物をするための理由を探し始めます。手にした物のあら探しをして自分の欲望を正当化するという、終わりのない買い物ゲームに身を置くのです。

マイホームの購入なんて人生にそう何度もあるわけではないのに、それを何度も失敗するということは、原因は他にあると考えた方がいいです。

お金を出し渋る

元同僚がせこいを通り越しお金に汚かったため、職場にいた関係者各位はみな相当苦労しました。

例えばお昼に出前を取りますが、業務が忙しい時は、手の空いている人がまとめて代金をたてかえます。そして各自、時間ができたらたてかえてくれた人に支払うのですが、その男だけがギリギリまで払おうとしません。

注文した以上支払わなければならないお金なのに、「あとで払う」と、手が空いていても出し渋ります。そして帰るギリギリになって、やっと支払うのが毎度のこと。

催促しにくい立場の後輩などはかわいそうでした。

払ったら損くらいに思っているのか、のらりくらりとうまくかわしながら、あわよくば相手が諦めることを期待していたのか、この神経だけはいまだにわかりません。

支払いは円単位まできっちりと

お金にせこい男のこんな行動とあんな口癖|その後待ち受けている残念な末路

昼がこうなら夜もひどい。残業で遅くなると、みんなでラーメンを食べに行くことがありました。

そんな時はラーメン以外に餃子を二人で一枚ずつ注文しますが、餃子が奇数だとどうするか?

彼は1個当たりの単価まで求めて1円単位まで計算します。

別に恋人でもなんでもないけど、そんな時くらい「餃子はオレが出すよ」と言えないものかなぁ…?

せめて後輩にはそうすればいいのにと、たびたび思ったものです。

お金で信用を無くす

数年後、そうやって貯めた小金を元に彼は独立しましたが、「来てくれ」と呼ばれた時は速攻で断りました。

「こんな男に雇われたくない!」

後輩もそう。誰一人、彼にはついていきませんでした。目先の損得ばかりに気を取られ、人望をなくしているという残念なケースです。

せこい男ほど細かい金額に気を取られて大きな損をしている

この二つの例を見る限り、目先の細かい数字にこだわるあまり、お金では買えないたいせつな物を失っています。

最初の例は買い物ゲームによって、お金だけではなく時間も無駄に使っています。次の例は金の支払い方によって信用を失っています。

これらはともに、どんなにお金を出しても得られないものです。お金に執着している割にはちっともお金をたいせつに扱ってはおらず、粗末にしています。

それでも彼らはこう言うでしょう。

「いやそんなことはない!世の中、金ですよ!金が全て!」

目標を高く持っているつもりが、実はお金に縛られていることさえ気づかないというこの不幸。

不幸とまでは言わないけど、少なくとも幸せには見えません。だって少しも満ち足りた顔をしてないから。

これ以外にもチェックポイントはたくさんあります。

わずかなお金をケチって「少しくらいはいいだろう」と路上駐車を平気でしたり、社会人として当然しなければならないお付き合いのお金(病気見舞いなど)を出し渋るタイプなどはおススメできない事故物件です。

それ以上は深入りせず、速やかに次の物件を当たりましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/08/30)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :