Violet@Tokyo

賢い人と賢くない人の違いを判断する3つの基準

約 5 分



先日、友人と「賢い人と賢くない人の違い」について喋ってました。

「賢い人」というと、頭脳明晰とか社会的な肩書きや学歴、仕事ができる、何かの資格を持っているといった類を思い浮かべるかと思います。でもその日のテーマはそうではなく、「人として賢いか否か」ということです。

相手はこんなことを言いました。

利口ぶったバカが、いちばんタチが悪い。
自分が賢くないと自覚していれば、自分の弱さと向き合える強さがあるってことだから、賢くなる可能性は無限にある。
でも無自覚どころか、賢い人であるかのように振る舞う人は救いようがない。
それこそが真性のバカだ

なるほど。確かに人は、いくらでもドレスアップできてしまう。「小賢しい」という言葉がありますが、その小賢しさをフル稼働すれば、「賢い自分」を演出することは可能かもしれません。そんな見せかけの表面ツラに惑わされる人は、少なくありません。

となれば、その演出を見破る判断基準が必要です。それを知っておけば、「見損なってた」と落胆するケースは格段に減るかもしれません。

その見分け方はどこにあるのか?というのが今回のテーマです。

賢い人と賢くない人の見極め方…。かなり漠然としているし、判断基準は人それぞれ。でも私はふだん、以下の3つを自分なりのモノサシにしています。

1.違う意見に遭遇したとき

賢い人と賢くない人の違いを判断する3つの基準
賢い人は自分とは違う意見に遭遇したとき、自分の意見だけをゴリ押しせず、きちんと相手の言い分を尊重して耳を傾け、分析します。その上で、さらなる良案を探ります。それはちっぽけな自分の面子を守るためではなく、全体を守るため。将来をより良くするため。

賢くない人は反対意見を自分への攻撃と捉え、弱い犬が歯をむき出して威嚇するかのごとく、防御の姿勢に入ります。

意見への賛同のしかた

それを見守る周囲の人についても、賢いかどうかがかんたんにわかります。

賢い人は「誰が言ったか」ではなく、言った内容そのものを重視します。

賢くない人は内容なんて二の次。何も考えず「とりあえずこの人に賛同しておこう」と、自ら率先して長いものに巻かれて身の安全を図ろうとします。見え透いた嘘でも簡単に騙される、怪しげな教祖の取り巻き連中はモロこのタイプです。俗に言うイエスマンというヤツです。

このあたりは以下の記事「なぜバレバレの嘘を見抜けないのか?」セクションを参照ください。

中には嘘とわかっていても、あえてそれに付き合う、救いようのない信者もいます。

2.知らない事に対する姿勢

「出逢った人すべてから、何かを学べる人が最も賢い」
「恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない」

これはユダヤのことわざ。

賢い人は知らない事があれば、必死に学びます。教えを請うことを恥とは思いません。興味を持って楽しそうに取り組みます。

一方賢くない人は「頭が悪い」とか「こんなことも知らないの?」と思われたくないから知ったかぶりをします。

今の時代、わからないことがあればスマホ片手に簡単に調べられます。まとめサイトでもチラッと読めば、付け刃的な知識は得られるから、いくらでも「わかった気」にはなれます。

でも頭でわかったつもりでも、心でわかってないのが賢くない人。だからちょっと突っ込んだ質問をすれば、簡単にボロを出すし、次々と矛盾点が露呈します。すると最後には「これは私には必要のない情報・興味がないこと・オワコン」と、切り捨てます。

3.伝え方・教え方に対する姿勢

「賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す」

これもユダヤのことわざ。

「伝えたい」という思いがあって何かを伝えたところ、上手く相手に伝わらなかった時。自分が教える立場になった時、相手の理解が得られなかった時。

賢い人は、自分の伝え方・教え方が適切だったかどうかに目を向けます。相手の目線まで自分の位置を下げて、その当時を思い出しながら言葉を選びます。さらに、伝えられた相手がどう感じるかも考えます。

賢くない人は相手の理解力の問題にすり替え、「アイツはダメだから」で片づけます。あくまでも自分の目線が基準だから、「こんなことも知らないの?」という言葉を平気で投げつけます。

最後に

以上の3つの態度でおおよそのことはわかります。

こうして考えると、人としての賢さを判断する基準は、社会的な地位や職業・収入とは無関係であることがわかります。むしろそういったブランドにすがって、あぐらをかいて人を見下すような人が、賢くない典型であるのは言わずもがな。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

昔の人はよく言ったもんだ。以上です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :