Violet@Tokyo

My Lifelog

人の車に乗せてもらうのが当然だと思っている人から逃げる方法

約 6 分

数人でどこかに行くとき、必ず出るのは「誰が車を出す?」という話。言い出しっぺはたいてい運転ができない人や、車も免許もあるけど日中はご主人が使うから足がないという人が多いです。

例えば東から西に向かうようなとき、いちばん東の奥地に住んでいる人がまず運転手候補にされます。そしてその人の車が大きければ、次からその頻度は増していきます。

どうせ目的地は同じだし、どうせ奥に住んでいて車を出すなら、ついでに人を乗せたっていいだろう。どうせ人を乗せるなら、できるだけたくさん乗れる車がいい」という勝手な判断でそうなるわけです。でも運転手にされた方は、たまったものではありません。

いくつものどうせついでが決定の理由なので、乗せても感謝なんてされません。当然のような顔をしています。特にうんざりするのはこんな人。

絶対に乗せたくないタイプ

  • 汗臭い人
  • わざわざ遠回りをさせて「家まで迎えに来い」という人
  • 逆に「帰りは自宅まで送れ」という人
  • 風邪をひいているのにマスクもせず、車の中でゴホゴホ咳き込む人
  • 「ここを通れ」とルートの指定する人
  • 人に運転させておいて、自分は平気でアルコールを飲む人
  • ただの一度も自分から車を出そうとしない人

信じられないですよね?
「ジョーダンじゃーねぇー」って思いますよね?
うちの犬だっておとなしくして乗ってますよ?

ところがネットで調べてみると、こういう被害に遭っている方がけっこう多いので、実際に私が行った撃退法をいくつかご紹介します。

断れない立場の相手の場合

職場の上司など、断るに断れない立場なら、相手の方から断ってくるように仕向けるのがいちばん楽です。その方法は以下。

現地に置き去りにする

いつも私が運転手を頼まれてうんざりしていたとき、まず手始めに行ったのは現地置き去り作戦でした。

「行きは乗せていってもいいけど、帰りは用があるから歩いて帰って」と、「それでもいいなら車を出す」と、こう告げました。

当然「別の人に頼むからいい」と、相手の方から断るかと思いきや、それでもいいとの返事。たぶん帰りは別の車にちゃっかり乗り込もうとしたのでしょう。

ところが別の車も満車状態で、その人が乗り込むスペースはありません。結果、大荷物を抱えて一人さびしく歩いて帰ってきたそうです。めでたしめでたし。

乗せる場所は、相手にとってできるだけ面倒な場所に指定する

車で1時間くらいかかる場所に、朝9時集合となったとき、「あそこでAさんを乗せて、ここでBさんを乗せて」という指示をされたことがありました。

「すると当然、いやでもあの道を通ることになるな」と、瞬時に考えたわけですが、そこはその時間帯、渋滞することで有名な道。渋滞に巻き込まれて、遅刻でもしたらたいへん。だから、できれば誰もが使いたくないと思う道。

なので渋滞を理由に「その道は混んでいるから使わない。抜け道で行くから私が指定した場所まで出てきて」と、AさんとBさんそれぞれに告げました。

私が指定したのは、その人たちの家から5キロ以上も離れた場所。

それでもどうしても乗せてほしければ、おとなしく私の指定した場所に出てくればまだ可愛いのですが、なんとその人たちはブーブー文句を言い始めました。「それならあなたがもっと早くに家を出ればいい」とかなんとかね。

そうなればこっちだって「絶対にこいつらだけは乗せたくない」と思うわけです。だから「気が変わった。もう少し先で待っていて」と、次に指定したのは7キロ以上離れたバスも通らない辺ぴな場所。

「そこでまた私に口答えでもしたら、次は10キロ先を指定してやる!」と思っていたところ、別の人に頼んでいました。

このように、非常識な人にはありえないくらいの無理難題をふっかけるべし!!

私の代わりに頼まれた人は、あとでブーブー文句言ってましたけどね。知るかよ。

同じ立場ならはっきり言う

いくら立場が上とはいえ、毎回その場しのぎの理由を考えるのは面倒ですよね。それに人を乗せるって、どうしてもそれなりの責任がついてまわるから気が重いでしょ?

だから同じ立場の人には常日頃から本音を伝えておきます。その内容は、誰にも有無を言わさない、説得力のあるものが望ましいです。

正論は、こんな時にこそ使うべし!

例えば…。
「今はどこだって電車もバスも走ってる。それ以外にも家族に頼むとか、タクシーを使うなどすれば、移動手段はいくらでもある。車がなくても運転ができなくても、自分さえ行こうと思えば、どこにだって行けるはず。だからそんなのは、他人の車に乗せてもらう理由にはまったくならない。もしどうしても自力で来ることができないなら、無理に参加しなければいい」…とかね。これぞまさにド正論。

こういった発信を常日頃からしていれば、やがてはそれが周囲に浸透し、気安く「乗せて」と言われなくなります。

またこんなこともよく言います。

「我が家では、他人を乗せるために大枚はたいて車を買ったわけではない。自分たち家族の移動手段として車を購入したの」…とかね。

図々しい人というのは支配欲が強く、人との境界線が世間の常識から大きくかけ外れています。自分の目の前にいる相手との関係性だけで物事を判断するため、私はできるだけその人の手が及ばない「我が家」とか「家族」といった言葉を、要所要所で使うよう心がけています。

それで相手に伝わるかどうかは不明ですが、「車は私個人の持ち物ではない、家族の財産だ」という精一杯のアピールだけはし続けています。発信しなければ受け入れたのと一緒。結局バカにははっきり言わなきゃダメってことです。

「いい人」を目指す必要はない

断りきれず、いやいや引き受けておきながら後で文句を言う人がいますが、それは本人の愚かさからくるもの。心を偽ってまで引き受ける方が悪い。

どこかでいい人と思われたい。断ったらケチだと思われないだろうか?みたいな弱さからくるものです。

だけど本当のケチは、図々しく「乗せろ」と頼む側です。そこをまず、履き違えちゃいけない。

車はその人の持ち物だから、誰を乗せるかはその人の判断が最優先。それが不満なら自分で車を買うなり、今からでも免許を取りに行けばいいだけのこと。

その程度の金も出せない、そんな当たり前のこともわからないような厚顔無恥な人からどう思われようと、別にいいじゃないってことで、私は上記の方法をせっせと実践してきました。

おかげで今では現地集合・現地解散を自由にできるようになり、とても気楽です。ぜひお試しあれ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

PICK UP

(最終更新:2017/08/21)