Violet@Tokyo

やっと届いたKyashリアルカード

約 4 分



先月4日に申し込んだKyashリアルカードがやっと届きました。それにしても長かった…。

届くまで7週間もかかったことになります。

Kyashリアルカードが届くまで7週間

人気らしいのである程度は待つことになると覚悟はしていたけど、こんなに時間がかかるとは思ってもいませんでした。

今から申し込む人はひと月以上待つ覚悟で申し込んだ方がいいです。

一時期はLINE Payカードがあるから別にいいかな、と思ったけど、LINE Payカードを実店舗で使う場合、ポイント還元率は基本のマイカラー分のみ。ゼロよりはいいかもしれないけど、Kyashに比べると旨味はイマイチ。

やはりLINE Payは、基本マイカラーポイントに3%のボーナスポイントが加算されるコード決済で利用するのがダンゼンお得のようですね。

Kyashリアルカードが届いたらやっておくこと

さてKyashリアルカードが届いたことで、早速有効化してみましょう。届いただけではまだ使えません。有効化はスマホアプリから行います。アプリ画面の指示に沿ってカード情報を入力。すると数秒でそれまで使っていたバーチャルカードに上書きされます。バーチャルカードにチャージしておいた金額がそのまま表示され、カード情報の数字がリアルカードのものに変わっていることがわかります。

あとは町で使うだけ。さあ、どこで使おうか?

一瞬で決済!スピーディーな支払い

まず向かったのがヤオコー。ここは地元でも人気のスーパー。豊富な品揃えと品質の高さが魅力の店です。

しかし電子マネーは一切使えないので、いつもお財布にお金が入っているかどうかを確認してから出かけるのが常。キャッシュレス生活が定着してくると、こういった部分が煩わしく感じるようになり、最近はヤオコーに出向く頻度が少し減ってきてます。

しかし電子マネーは使えなくてもクレジットには対応しているため、Kyashリアルカードなら使えるはず。

セルフ精算レジでクレジットを選択し、カードを通せばOKというのは理解しています。でも果たしてそれが、本当にスムーズにできるかどうかがまでは実際にやってみないと確信が持てず。

ちょっとドキドキしながら支払いに…。カードを通した瞬間、スマホに着信が入ってきます。これにより無事に決済されたことがわかります。

この連携は本当に一瞬で、実に気持ちいいと感じました。現金払いのお決まりのシーン、小銭を少しでも多く出すために、細かいお金を一生懸命数えていた今までとは大違いです。

使えないところもあった

一方、使えないところもありました。近所の動物病院です。何度かトライしましたが結局ダメ。仕方がないのでDカードプリペイドを使って支払ってきましたが、何が問題だったのかは結局わからず。読み取り機の問題かな?こればかりはいろんな場所で使えるかどうかを試すしかなさそうです。

でも日々の生活には欠かせない、お気に入りのスーパーで使えるというのは嬉しいかぎり。

その後も立て続けにいろんな場所に出かけて、使えるかどうかのチェックをしてみました。ほとんどの場所で問題なく使えました。

現金で払っても、一円も戻ってきません。でもKyashなら2%が還元されるので、いつもの買い物がまた楽しくなりそう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :