Violet@Tokyo

人生

Category

あまりにも離婚を正当化しすぎじゃない?

夫婦間のことは外から見えない部分もあるし、離婚そのものを否定しているわけではありません。それもひとつの立派な生き方。他人が口出しする問題でないことも熟知しています。ただ「私たちは離婚したから子育てのパートナーになれた」「親の離婚は、子どもに...

「親孝行」の雛形が親子を縛る!

お盆時期になると「実家への帰省がうんざり」という声をあちこちで聞くので「親孝行」について書いてみます。 私も正直、「親孝行」と聞くとなんだかむず痒くなります。 例えば「私の母は自宅で亡くなり、日々の世話は兄がしていた」と人に話すと、決まって...

上から目線が鼻につく!人生相談のカウンセラー気取りになる人

あなたの周りに「人に言えないような悩みがあったらなんでも私に打ち明けて」と、親切そうに振る舞う人っていませんか? 彼女・彼らはこれまで何人もの人生相談を受けてきた「自称・人生のエキスパート」といった怪しげな看板を高々と上げ、お金や人間関係な...

さかなクンに学ぶ・好きなことで生きていくために必要なもの

「彼、これからどうするんだろうねぇ?」 “彼”とは、将来、ダイスキなピアノで身を立てたいという夢を持っている27才・独身のこと。まだピアノで身を立てるにまでに至ってないので、現在は細々とアルバイト生活をしています。 ...

まだ「できない理由探し」で消耗してるの?

「できない理由を探すより、どうやったらできるかを考えろ!!」 これはよく聞く言葉で、確かにド正論です。 しかし人は、どんなときでも100%の精神状態ではいられず、特に物事が思い通りに運ばなくて心が弱っているときほど、直面した「大きな壁」から...

【未婚女性限定】結婚前、目を皿のようにしてチェックしたい、彼のアレとコレ!

なぜか最近身の回りが離婚ラッシュ。ネット上でもだんなデスノートなるものが話題を集めています。 結婚したはいいけど「こんなばすじゃなかった」なんてことにならないよう、今付き合っている彼と結婚を考えているなら、ここだけは目を皿のようにしてチェッ...

「幸せの状態」を条件付けする人

ネットで調べ事をしていたとき、こんなフレーズが目に飛び込んできました。 「一億円をためて幸せなお金持ちになろう!」 あまりにも陳腐すぎて短絡すぎて、ちょっと笑っちゃいました。同時に、私が過去に言われた言葉を思い出しました。

仕事一筋!無趣味な仕事人間の退職後は悲惨なのか?

退職した後、第二の人生をどう生きるか? 平均寿命が伸びたことで、こういった関心を抱いている人も多いのではないですか? リアイアしたら好きなことに没頭したいという人、何をやりたいかが明確に見えている人は、きっと第二の人生を謳歌できるでしょう。...

若き老害は三度の飯より人生論がお好き

老害は年寄りだけの特権かと思ったけど、最近は2〜30代でも「老害」と呼ばれる人種が増えているそうな。では、どんな人が若き老害になのでしょう? それは、まだまだ尻が青い分際で、聞きかじりの名言を織り交ぜ、ドヤ顔で人生論を語りたがる人。意識高い...

やりたい仕事が見つからない〜「でもしか」だっていいじゃない

GW明けは「バックレ」退社が多いとか。 私も20年以上美容師をしていたので、GW後に限らず、ある日突然出社してこなくなった「バックレ」退社をした美容師をゴマンと見てきました。 人の入れ替わりが激しい業界とはいえ、ある日突然来なくなれば、それ...