Violet@Tokyo

早くもミズ不足

約 5 分

f0uS8_Fotor

大人気のうちに先週終了した「あまちゃん」。先週はずっと泣きっぱなしでした。それは後述するとして。週が明けた今日から「ごちそうさん」が始まりました。

第一回目の今日の放送を見た率直な感想は、「よくある今までの朝ドラの域、今までの定番に戻ったか?」というものです。

これから面白くなるかもしれないけど、第一回目だから今日はよくわからないって感じ。

ではあまちゃんの第一回目の感想はどうだったかといえば、第一回目から面白いと思いました。まずそこが違います。

というか、比べては可哀想なのかも。そのくらい、あまちゃんは素晴らしかったです。特に最終週の盛り上がりは拍手喝采。鈴鹿ひろ美こと薬師丸ひろ子の歌う「潮騒のメモリー」。

天野家に捧げるために歌詞の一部を変更したあたりに計算しつくされた脚本の素晴らしさを感じました。

録画したこの回は後で何度も見返しましたが、その度に涙が止まのません。

また脇を固める役者陣も素晴らしいです。予想外だったのがストーブさん。最初に配役を見たとき、単純にストーブさんが恋人役になると思ったのに、アキは種市先輩のものになり、その存在まで忘れ去られるくらい影の薄い役を好演していました。

けれど他のみんなはハッピーエンド。あんべちゃんと大吉が結ばれたシーンは、自分のことのように嬉しくて、涙なくして見ることができませんでした。

あんべちゃんて親がいないのか・・。それだけで涙腺が熱くなる。あまロス症候群は暫く続きそうです。

2013y08m24d_110832535-3196b

と、このように全てにおいて素晴らしいあまちゃんでしたが、その中でも特に私の心をわしづかみにしたのは、ミズタクこと松田龍平さん。

一昨日、あまちゃんの最終回が終わったばかりだというのに、早くもミズ不足になっています。写真は過去の放送の中から一番好きなものを厳選して3枚だけ添えてみました。最終回でユイちゃんとアキを押しのけて、新聞の一面を堂々飾るミズタクの可愛い笑顔と、「ミズハグ」という流行語にもなった「もっと泣くぞ」という、アキのオーディションの合格シーン。

WS006240

それ以外にも好きなシーンはたくさんあります。べんさんとのからみは特に好きだったな。無表情な中に茶目っ気と優しさが溢れたこの顔は、今は亡き、彼のお父様である松田優作さんを彷彿とさせます。年を重ねるごとにお父さんに似てきました。ちょっと猫背気味の後ろ姿とか、ボソボソッとした喋り方とか、龍平さんの中に、優作さんはしっかりと生きています。それが嬉しいです。

私は昔から松田優作のファンでした。

だからこそ、今まで松田龍平という俳優を、あまり真剣に見てきませんでした。父親である松田優作が偉大すぎたから比べたくないと思っていたし、もっと言えば、姿形は似ていても、お父さんである優作さんを超えるまでにはいかないと思っていたからです。

けれど今は違います。お父さんとは違う、松田龍平の独特の存在感を作り出しています。頼もしく感じます。やがてはお父さんを超える、日本を代表する役者になるかもしれいなという期待も抱くようになりました。だからすごく楽しみです。

松田優作は凄い役者でした。カリスマ性のある伝説の俳優でした。あんな強烈な個性を持つ役者は、あれ以降出ていないと断言します。「太陽にほえろ」の殉職シーンが有名だけど、私がファンになったのはその少し後の映画、「蘇る金狼」と「探偵物語」からです。当時、あんなアクションを演じられる俳優は日本にはいませんでした。

「太陽にほえろ」や「蘇る金狼」ではアクションが中心でしたが、「探偵物語」ではコミカルな役も演じて、役者としての懐の広さを感じました。それを裏付けるようにその後の作品ではアクションから離れて人間味のある家庭教師を演じたり、時代物を演じたりして徐々に役柄の幅を広げていきました。

そんな彼の集大成はなんといっても「ブラック・レイン」。主役であるマイケル・ダグラスも高倉健も、彼の前では霞んで見えました。本当の主役は松田優作でした。そのくらい、鬼気迫る素晴らしい演技でした。

ヤクザの佐藤。彼の演じた役柄だけど、凄まじいまでの不気味さ。まるで蛇のような恐ろしさ。凄いの一言。この映画の撮影中には自身の癌を知っていたということで、まさに自分の命を削り、作品にその命を吹き込むという見事な役者魂を見せて優作さんは天に召されていきました。

この映画を見たとき、涙が止まりませんでした。念願のハリウッドデビューを飾り、その素晴らしい演技力が世界で評価されてオファーが殺到し、まさにこれからだというのに・・。悔しくて悲しくて、それでいて作品が素晴らしすぎて、演技が素晴らしすぎて、もう言葉にならない熱い思いがこみ上げてきました。

あれから時が流れ、お葬式のときにいたあの小さな男の子が立派に成長し、ミズタクブームを巻き起こしています。感無量。もう親戚のおばさんの気分です。

お母さんである松田美由紀さんが昔、あるテレビのインタビューでこう答えていました。それは夫である松田優作さんの父親ぶりについてだけど、優作さんは仕事でどんなに夜遅く帰ってきても必ず子供たちの寝顔を見てこう言ってたそうです。「俺の天使たちが眠っている」と。

拝啓松田優作様。あなたに生きてて欲しかったです。あなたの大切な天使は、今年大ブームを巻き起こしたのですよ。

今回の大ブレイクについての正直な感想を聞きたかったです。

父親としてなんと言うか、役者の先輩としてなんと言うか、人間としてなんと言うか。

生きてたらおじいちゃんになっていた優作さん。生きてさえいてくれたら、こんな素晴らしいことがたくさんあったというのに・・。

あなたの大切な天使を見て、今更ながら松田優作は偉大な役者だったと思い知った今年。改めてお礼を言います。ありがとう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/13)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :