Violet@Tokyo

ほぼ日手帳・2014 spring、早速買いました

約 3 分

昨日2月1日はほぼ日手帳の4月始まりの発売日です。早速Loftに行って買ってきました。

2014-02-02 14_Fotor

ほぼ日手帳は昨年から使っています。

写真の真ん中は2013年の4月始まりに、昨年暮れに買ったミナ ペルホネンのカバーをかけています。

そして2014年の4月始まりが発売されたら本体だけを買うつもりにしていたのですが、絵本作家、荒井良二さんのデザインしたロバが可愛くて、結局カバーつきで買ってしまいました。「いつでも話しを聞きますよ」と言うなら、お言葉に甘えてたっぷり聞いてもらおうじゃないのと思ったからです。

そして今年はWEEKSも買いました。写真はひびのこずえさんデザインのPLANT(ピンク)です。これはオリジナルだと持ち運びが持て余し気味に感じたため、外出時のスケジュール管理用にこのサイズを選びました。やはりバックに収まるサイズも一つはほしいところです。

用途ですが、WEEKはバドミントンの練習の日程などが主になるかと思います。現在はすでに決まっている行事や試合日程などを書き込んでいるところです。

オリジナルはやはり日記的に使うことになりそうです。ブログのネタを書き込んだり、その日にあった出来事を綴りたいと思っています。一日1ページあるので、そこそこ書き込めそうです。

手帳の使い方はネットを見ているとみなさん実に様々ですね。私が心がけているのは、一日の終わりにその日にあった良いことを最低3つは探して書くことです。

どんなこでもいいから「ラッキー」と思ったことを書きます。

仕事関係なら、「高額の仕事を順調にこなせて嬉しかった」とか、「ネタがスラスラ浮かんで楽に文章が書けた」なんていうのでもいいから、とにかく一日の終わりは良いことを考える時間に当てて、そのまま眠りにつくことを日課にしました。

昨年から使い始めたほぼ日手帳ですが、ある発見がありました。ちょうど一年前、2013年春の手帳を買ったとき、最初のページに願い事を書きました。今読み返してみるとそれが叶いそうな雰囲気になっています。いや、もうすでに叶っているものもあります。

この新しい手帳を使う頃には新しいクラブに入っています。だから今年は奮発してオリジナルとWEEKSを買ったわけですが、新しいクラブにはそれだけ希望を持っています。
今までのクラブで停滞していたことが吹っ切れる予感があるからです。

すると今日また友達から連絡が来ました。「私も入りたい」と。これが通れば仲のいい4人で揃ってクラブに入れます。もうペアの心配をすることなく、自分の居場所をそこに作れます。

新しい手帳を買った翌日にこんな嬉しい連絡を受けるなんて、これは春から縁起がいいってものです。彼女も入れるといいな。

1_Fotor

2014-02-01 13_Fotor

そうそう、春の日差しがよほど暖かいのか、ワンコたちは気持ちよさそうに窓辺で揃って日向ぼっこをしていました。かわいいねぇ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/09/14)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :