Violet@Tokyo

【新築一戸建ての問題】隣の家からタバコの煙が流れてきた時の対処法

約 7 分



時代の流れと共に隣人トラブルの質が変化しています。

昔のお父さんは家の中で堂々とタバコを吸えたので、問題になるのは歩きタバコやポイ捨てくらいでした。しかし最近は副流煙の問題や、壁紙が汚れるといった理由から、家の中でタバコを吸えず庭で吸う愛煙家が増えてます。

吸う人にとっては気にならなくても、吸わない人には「気持ち悪っ」となるのがタバコの煙。あの匂いは本当に嫌ですよね。

やっとの思いで手に入れた新築一戸建て。価格や物件に気を取られ、それらを入念に調べても、どんな隣人が住むかまではわかりません。

騒音などは購入前にあらゆる時間帯、あらゆる曜日に何度か足を運べばわかることですが、隣人がタバコを吸う人かどうかまではわかりません。実際にわかるのはそこで生活を始めてから。

「隣のタバコの煙がうちに入ってくる!」

こんな時はどうしたらいいでしょう。

隣人は愛煙家!私はタバコが嫌い!どうしたらいい?

【新築一戸建ての問題】伝える?伝えない?隣の家からタバコの煙が流れてきた時の対処法

「隣人に『タバコを庭で吸うのは止めてくれ』と言いたいけど、言ったことによって今後のつきあいに悪影響を及ぼしたらどうしよう…」

実はこの問題で悩んでいる人はとても多いです。

できるのはお願いだけ

法的にどうかと言えば、タバコは嗜好品なので、好き嫌いは各自の自由です。なので吸う自由もあれば吸わない自由もあるのが大前提。健康被害の問題が取りざたされているものの、タバコは合法です。

いくら「隣から流れてくるタバコの煙が嫌だ」と言っても、相手が自分の敷地内で吸っている以上、残念ながら法の力でそれを禁止することはできません。

できるのは、相手に「吸う場所を変えてください」と、お願いすることだけです。

受忍限度を超えているかどうか。それをまず頭に入れておかないと、今後のつきあいに暗い影を落とします。最悪の場合、隣人トラブルに発展してノイローゼになるかもしれません。

いちばんに考えたいのはお願いの仕方です。いくつかの段階を経て、波風立てずに伝えていきたいものです。

自分が被害者だとは思わないこと

タバコを吸わない人にはわずかな匂いでも気になり、まるで毒ガスでも撒き散らされているような気持ちになるものです。しかし吸う人にとっては、その煙がどれだけ迷惑なのかがわかりません。

「わからないからそれを教えればいいだろう」となりますが、この時、自分の中に「私はあなたのおかげで迷惑しています」という被害者的な気持ちがほんの少しでもあると、言葉遣いは丁寧でも、どこかにそれが出てしまいます。

態度一つで相手の受け止め方は違ってきます。あくまでもこちらはお願いする立場です。

最近の風潮として、「タバコ嫌い」が高じて「タバコを吸う人が嫌い」にまで発展していますが、それだとまるく収まる話もこじれてしまいます。

せめて相手にとって楽しみの一つであることだけは理解してあげたいものです。そうでなくても外では肩身の狭い思いをしているのですから。

お願いする前に相手の人物像を調べておく

実はこれがいちばん重要。

人って同じことを伝えても、相手の受け止め方次第で天と地ほどの違いが結果に表れます。

事情を伝えたところ「ご迷惑かけて申し訳ありませんでした」という人ばかりではなく、「いきなり文句言ってきた」と、被害者意識を強めて身構える人もいます。世の中の全てが「話せばわかる人」ばかりではないのです。

そのため、まずは悪い方の可能性を考えておきましょう。以下は実際に私の周辺であったことです。

タバコの被害を伝えたところ…

隣人・A宅の息子がまだ高校生の頃、親に隠れて部屋でタバコを吸っていました。

部屋に煙がこもらないように窓から身を乗り出して外に煙を吐いていました。

灰や吸殻を窓の外に落とすので、落とされたB宅の家主はたまったものではありません。最初は我慢していましたが、しばらくしてから隣人・A宅にお願いに行きました。

「息子さん、吸殻をうちの庭に捨てているけど、もし火事にでもなると困るので…」

すると隣人・Aは、自分が迷惑をかけている立場でありながら悔しがって悔しがって、それ以来、「私は文句を言われたかわいそうな被害者です」とばかり、B宅の悪口を周囲に吹聴し始めました。

それ以降、AはB宅に対して挨拶ひとつしなくなりました。さらに呆れることに、後にご挨拶で何かの品物を持って行ったところ「お返しするものがないので」と、AはB宅に品物を突っ返したとか。

タバコのポイ捨ては煙が流れてくるよりタチが悪い。それでも認めようとしない人はガンとして認めないのです。

こういう人ほど他人には厳しく、かつ執念深いです。その変人ぶりは後にわかりましたが、その時点ではまだ引っ越したばかりだったため、全くわかりませんでした。

「話せばわかる」というのは大間違い。世の中にはひねくれた人がいるということも頭に入れて、しばらくは相手の人物像を観察してから伝えましょう。それまでの間は、とりあえず空気清浄機を用意して乗り切ります。

こちらは場所も取らずお手入れが楽なのでオススメですよ。

近所をリサーチ

風向きによっては煙の流れが変わります。

と考えれば、反対側の隣に住む住人はどう感じているのか?それも調べておく必要があります。

もし吸う場所を変えてもらうことに成功したとしても、今度は反対側の隣人に煙が流れる可能性があるからです。

そんな時、「○○さんに場所を変えるように言われたから」と、あなたのせいになる可能性がなきにしもあらず。

滅多にはないと思いますが可能性はゼロではないと考え、根回しだけは怠らないようにしたいものです。

やんわりとさりげなく伝える

菓子折り持ってとなりがちですが、そうなると、とても大げさになります。

いきなり本題はNG。和やかな世間話のついでに「そういえば…」くらいの切り出し方がベストです。

この時はまず、子供やペットのこと、なんでもいいから「自分が相手に何か迷惑になるようなことをしてないか」ということを先に質問してみます。

次に相手のことを、どんなことでもいいですから誉めておきます。そんな流れでタバコの件を切り出すと、会話はスムーズに運びます。

常識的な人なら一度で察してくれるはずです。

「一度で伝えきれなくてもOK」くらいの気持ちでやんわりと伝え、相手の反応を見て、それでも改善しなければ次の手を考えればいいです。改善してくれたらお礼の言葉も忘れずに。

伝えた後はいつもどおりに

言いにくいことを伝えると、どうしても気まずさが残るものです。

相手の反応も気になるところですが、相手だってそれは同じこと。

まずはあなたの方からいつもと変わらぬ態度で接していきましょう。

最初のみ、多少のギクシャクは覚悟の上。そのギクシャクがいつまでも続くわけではないと、のんびり構えていけば、タバコの煙のように、いつか消えてなくなります。

まとめ

【新築一戸建ての問題】伝える?伝えない?隣の家からタバコの煙が流れてきた時の対処法

このように言いにくいお願いをするときは、いくつかの段階をていねいに踏んでいく必要があります。

人ってひとつ嫌なことがあると、どうしてもそこだけに目が向くものです。ましてや「一生に一度の買い物」と言われるマイホームだからこそ、期待が大きくなります。それはよくわかりますが、完璧を求めすぎると、思い通りにならなかった時の落胆も大きいのです。

妥協を許さない人ほどイライラが募り、ノイローゼに陥りやすくなります。ある程度は「お互い様」という大らかな気持ちでやっていかないと、長く暮らす地で自分が辛くなっていくばかりです。

せっかくのマイホームですから、嫌なことには片目をつぶって、楽しいことだけを見る意識がいちばん大切ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :