映画・アリスのままで~失うことへの恐怖が伝わる良作

映画・アリスのままで~失うことへの恐怖が伝わる良作

ロードショーを見逃して気になりながらもそのままになっていたのがジュリアン・ムーア主演の「アリスのままで」。レンタルで見つけてようやく観ることができました。

12523027_448892421973591_5769383231982540782_n_Fotor

映画「アリスのままで」概要

ストーリーはニューヨーク・コロンビア大学で言語心理学の教授を務める50歳のアリスが若年性アルツハイマーと診断され、静かに、しかし確実に病状が進行していく様を描いた物語です。

しかしよくあるお涙ちょうだいものではありません。希望はないけど不幸だけでもないという様を淡々と描いた内容に仕上がっています。

こういった映画の多くは家族の愛や介護する側の視点で美しく描かれがちですが、この映画は違います。アリスの視点で描かれているのが印象的でした。

病気は人としての尊厳を奪い取ります。失うことへの恐怖とは、失うとっいた生易しいものではありません。一つ一つ剥ぎ取られていく感じです。

自分の家の中でトイレがわからなくなり、失禁してしまう。ジョギングに行っても帰り道がわからなくなる。それまであたりまえにできてたことができなくなる切なさと苦しさ。いつまで自分が自分でいられるのかが全く見えない恐怖。失うことに対する焦り。

物語中盤でアリスのスピーチが始まりますが、それこそがアリスの気持ちそのもの。いや、アルツハイマーを患う方たちの気持ちです。

私は母とだぶらせてそのスピーチを聞いていました。

がんの方がマシ?

2

映画の中でアリスは泣きながら「がんの方がマシだった」と言います。これはもう、自分の母を見てきた私がまさにその通りだと思う台詞でした。がんは進行しても治療すれば治る可能性がありますからね。

母は認知症なので、状況はアリスと違います。なので同じレベルで語るべきではないのかもしれませんが、混乱する様や気分の落ち込み方など細かい部分は一致します。

口数の少ない母は、自分の苦しい気持ちをアリスのように的確に伝える術を知りませんでした。

私たち家族は目の前で起こる現実に向き合うのが精いっぱい。自分の母が母でなくなっていく恐怖を感じるのが先で、母の苦しみまで理解してあげるゆとりもありませんでした。

母の最初の異変から20年以上経過した今、母は記憶と言葉を忘れました。それだけでなく、口から物を食べるという生きる術まで忘れました。10年前から胃瘻で命を繋いでいる状態です。

ごく原始的な感情はあるかもしれません。しかし、意思の疎通はできません。ただ横たわって息をしているだけ。私の顔も忘れています。

それでも生きていることに違いありませんが、果たしてこれでも生きていると言えるのだろうかと、この20年間、何度も自問自答してきました。

少なくともがんなら自分の余命がどのくらいなのか、ある程度わかります。終わりが見える分だけまだマシなのかもしれません。少なくとも、”自分”として死ぬことだけはできますからね。

心無い言葉にも傷つくことを知ってほしい

認知症をよく知りもしない人は、わからなくなれば苦痛も感じないと思い込み、「ボケた者勝ちよ!」などと知ったかぶって物を言いますが、これはとんでもない話です。

「ボケ」という言葉は適切ではありませんが、世間はこう表現するのであえて使います。母はいつもボケているわけではありませんでした。いつもどおりの私が幼い時からよく知っている母の時もあり、病気に侵され痴呆になった母の時もありという感じ。いつも通りの状態の母は、病気の状態になった自分の姿を客観的に見ていましたから当然苦しんでいました。

ある部分の記憶がスポッと欠落する箇所がありますが、いつもそうではないのです。だいたいのことは普通にできていて、突然そこだけが欠落するという感じです。それに対して自分が焦ったり混乱して苦しむのです。

それを理解してないから少しくらいのことを言ってもいいだろうと、本人を前にして無神経な言葉を投げかける人もいましたが、そんな言葉にも母は深く傷ついていました。情緒的にも不安定なことが多く、それが病状を悪化させる原因の一つでもありました。

後悔だって記憶の一つ

もし時間を戻せるのなら、もっと初期の段階に、もっと適切な処置をすればよかったなと思います。後悔先に立たずとはよく言ったものです。

でも記憶をなくすということは、そんな後悔したという記憶すらもなくしていくことなんですよね。私の人生なんて、後悔を一つ一つ積み重ねて出来上がっている部分がありますから、後悔だろうがなんだろうが、それらも含めて自分の人生でもあるわけです。

あまりいい意味に使われない後悔でも、自分の人生の一片を形作っているものであるなら、それはそれで価値があるもの。少なくとも失うよりははるかにましだと、この映画を見てそう感じました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
映画・アリスのままで~失うことへの恐怖が伝わる良作

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。ブログの管理人Violetです。 このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!