Violet@Tokyo

LINE Payボーナスが超絶使いづらい

約 5 分



すでにご存知のとおり、2019年8月からLINE Payの還元方法に大きな変化がありました。

LINE Payもいよいよ縮小傾向か?

記事の内容は、それまで各自のマイカラーに応じて0.5〜2%を「ポイント還元」、キャンペーンの還元は「LINE Pay残高に付与」となっていたものが、8月からすべて「LINE Payボーナス」になるというもの。

同時にコード支払いすることで得られた3%上乗せのキャンペーンも、2019年7月末で終了しました。

これには多くのユーザーが反発し、「LINE Pay 改悪」との声が数多く目立ちました。

かくいう私は、まぁ「+3%」の件は1年限定と最初から決まっていたことなので、残念ではあるけれど、こればかりは仕方がないのかなぁと。人には語れない大赤字というフトコロの事情もあるので、いつまでも大盤振る舞いのバラマキは続かないっしょ?と、物分りの良いオトナのフリをいかんなく発揮しようと努力したのもつかの間、正直使う気が失せました。

何が使いづらいって「LINE Payボーナス」ですよ。

「LINE Payボーナス」についての説明は以下のとおり。

LINE Payボーナスの使い道がない

上記の記事によれば、「LINE Payボーナス」はとても使い勝手が良いように書かれています。

ところがどっこい嘘ばっか。使いづらいのなんのって。

「LINE Payボーナス」は、かなり用途が限られています。

その最たるものは「LINE Payボーナス」がLINE Payカードの支払いに使えないこと。

いくらキャッシュレス決済戦国時代とはいえ、現状はまだまだコード決済で利用できる店舗はコンビニ・ドラッグストア程度でそう多くありません。これは非常に痛いです。この変更はこれまでその穴埋めをしてきたLINE Payカードの価値を半減させるものと言えます。

LINE Payボーナスは期間・用途限定ポイントと同じ

昨日も動物病院でこんなことがありました。

支払いをLINE Payカードでしようと思い、自分のウォレット残高を確認したところ、14,044円(うちボーナス2,664円含む)ありました。

病院からの請求額は13,188円。

それまでなら「ギリギリセーフ!」となるのですが、今回の変更により、これでは残高不足で支払いができないのです。

口座の紐付けをしてあるので即座にチャージはできるのですが、「待てよ、それをして支払ったとしても、ポイント還元ではなくボーナスという形で戻ってくるのか」と思うと、ゲンナリしてチャージする気も失せてしまうのです。

現在のマイカラーはグリーンなのでこの支払いに対しては2%のボーナス還元(約263円)があります。

でも「ボーナス」の使い道なんてせいぜい喉が乾いたときにコンビニでコーヒーを買う程度。コンビニで支払う金額なんて、たかが知れてます。

しかもコンビニだったら8月は前半はメルペイ(70%還元)、後半はD払い(20%還元)。それとランチタイムのワクワクペイペイ(20%還元)があります。

よそでこれほどお得なキャンペーンがあるのですから、よほどの物好きでもない限り、「たった2%しか」(注:これは各自のマイカラーによる)還元されないLINE Payなんて使うわけがありません。これ以上使い道が限定されたLINE Payボーナスばかりが増えていったところで、逆に困るのです。

これはネットショッピングによくある期間・用途限定のボーナスポイントが使いづらいのと同じ理屈です。

でもネットショッピングに関して言えば、基本の金額に対しては通常のポイントがつくのがほとんどで、支払った金額全てを期間・用途限定にしているわけではないからまだマシです。使いづらい期間・用途限定の還元は、特別な上乗せ分のみです。

このように、せめて特別なキャンペーンの還元分をボーナスにしてもいいから、ふつうに支払った分だけでもこれまでどおりポイントで還元してくれればいいのに。

それか、コード決済をできる加盟店をもっと増やして、どこでも使えるようにしてくれればいいのに。

それが無理なら、LINE PayボーナスをLINE Payカードでも使えるようにしてくれればいいのに。

──思うところは多々多々あります。

結局昨日はKyashを使って支払いを済ませてきました。

このKyashも一日5万まで、月の上限が12万までと利用に関しての制約があります。

愛犬は現在肺癌闘病中のため、高額な支払いは珍しくはありません。

そのため、これまではその日の支払い金額に応じてKyashとLINE Payカードを交互に使い分けてきました。

でも今後は、他の支払い方法も考えていく必要がありそうですね。使いにくければ、他を探すまでだ。

それにしても、LINE Payをこれまで便利に使ってきただけに、今回の改悪でしかない変更は、とても残念です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください