Violet@Tokyo

2013・紅白の感想

約 3 分

2013年はあまちゃんパワー炸裂、あまちゃん一色の年だったと、一昨日の紅白歌合戦を見て改めて感じました。

番組中で好きだったのはあまちゃんメドレーの部分。

やはりあまちゃんはいいなぁと再びあまロスになっているところ。鈴鹿ひろ美の歌は何度聞いても涙が出てくる。残念なのがミズタクがいなかったこと。勉さんと最後にもう一度ボケて欲しかったなぁ・・。

アキちゃん以上にアイドルになりたくて仕方なかったユイちゃんが、紅白の大舞台でやっと「潮騒のメモリー」を歌うことができて良かったと、再び感情移入してウルッとさせられるこの演出、もうこれだけでやっとあまちゃんが完結した気分になりました。それにしてもクドカンの演出は最高。

★こちらに大友良英さんのブログがアップされています。

噛みまくりの綾瀬はるかもチョーかわいい。

あれだけハラハラドキドキさせられる番組進行はかつて経験がないけど、彼女だから微笑ましくて好感が持てました。

なんたってあのめげない明るさがいい。嵐のメンバーが上手にフォローしつつさりげなく気づかっているところも良かったです。

意外だったのが北島三郎さんの紅白卒業がもっとお涙頂戴になるかと思いきや、さらっとしたいたところ。

その前に大島優子さんのAKB卒業の発表が突然(じゃないかもしれないけど)されたからサブちゃんが霞んでしまった感は否めないけど、それ以上に高い場所で歌うサブちゃんが心配で心配で見ていられませんでした。

手すりがあるのは確認していたものの、無事に着地してからやっと安心して歌が聞けたって感じ?

あとはそうねぇ・・。TOKIO長瀬の巨大化にびっくりしたくらいかしら。

それと泉谷しげるの前歯・・。あの前歯は一体どこに行っちゃったんでしょうか?年末は歯医者も休みだからなぁと思いながら見ていました。前歯がないと「さしすせそ」がうまく発音できないと思います。あと、彼はなんで怒り出したのでしょうか?

数々の疑問を投げかけた紅白ですが、やはり一番良かったのは高橋真梨子さんの「for you…」。

やはり紅白では演歌以外の大人の歌が聞きたいと、彼女の歌を聞きながらそう思いました。

あの歌の歌詞で一番好きなのは「もしも会えずにいたら歩いていけなかったわ」という部分。

自分と重なってぐっとくるんですよ。あの曲の良さが本当にわかるのは、経験を重ねてきた大人の女性。

若い頃に聞いた「for you…」より今の方が心にフィットします。今回聞けて良かった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/09/14)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :