Violet@Tokyo

言い訳にうんざり

約 5 分

昨日は団体戦でした。結果は満足できる内容ではなく、我ながら情けないと思った次第です。まだまだです。

ところで一緒に入った友人たちの性格も少しずつわかってきて、できれば適度な距離を置きながら接していったほうがいいかと思うようになりました。少しずつ新しいクラブに馴染んで周りの状況が見え始めると、彼女たちがどう思われているのかがわかってきます。

彼女たちが2月にクラブに入っていきなり3月の試合に出るという話がありました。

正直驚きました。なぜって審判ができないからです。しかも入ったばかりでいきなり試合って、いくらなんでも非常識です。

そこで審判もまともにできないのだから、もう少し待った方が良いとアドバイスをしました。

審判を失敗すればクラブ責任になって大問題になるから、自信を持って審判ができるようになってからでないと試合に出るのは非常識、という考え方がまだ彼女たちにはわからないようです。

当然それについても説明しました。ところが一人は聞く耳を持ちません。「大丈夫でしょ」という具合に、軽く無視されました。「それまでに審判なんて簡単に覚えられる、クラブで出ろと言ったのだから教えてくれるでしょ」という具合です。

ところが役員会で反対されて結果的には試合に出ることはできませんでした。トップが反対したそうです。すると彼女は「私は別に試合なんてどうでも良かった。ただクラブで出ろと言ったから」と言い訳を始めました。

でも後日談によれば全員が賛成したわけでもないようです。中には「まだ外に出るなんて早すぎる」という意見の人もいたようです。

その時は黙って言い訳を聞いていましたが、「審判なんて」とバカにしていればいつかしっぺ返しが来ます。

やはり来ました。団体戦に向けて練習が始まった時、彼女たちは「審判すらしない」と反発されたそうです。それも後日談として入ってきました。

そうこうしているうちに一人は足の怪我で休むようになりました。

そんなある日、彼女たちを誘った人が私にこう言いました。「彼女たちに連盟のトップに挨拶に行くように言ってくれ」と。それは以前私からも言ったことです。

ところがまだ彼女たちはそれをしていない模様で、その理由として、もう一人が怪我で休んでいるから行けないとのことです。言い訳も二度目になるとうんざりしてきます。
まず「そうね」というのがなくていきなり言い訳から始まると「もうこの人には何も言うまい」となってしまいます。昨日がまさにそうでした。

試合の準備のためにクラブに割り当てられた仕事があります。

体育館は9時からでないと開きませんが、その仕事があるので、9時に開いたらすぐに入れるように少し早目に着くように自宅を出ました。当然先輩たちも来ていました。その時点で彼女たちはまだ来ていません。来たのは私たちが準備をし終えてからです。

その後も他の準備を先輩たちがしているのに、デーンと椅子に座ってお喋りしていました。私は黙って見ていました。

そして試合が終わり帰ろうとした時、私に「今日はずいぶん早く来たのね」とその二人が声をかけてきました。だから「準備があるから早く来た、そんなのは新入部員が率先してやるべきことだ」と、そこで初めて彼女たちに言いました。

すると一瞬「まずい」、という顔をした後に案の定言い訳が始まりました。「このまえ『何時に来たらいいですか?』と○○さんに聞いたら、○○さんは『どうせ9時過ぎないと会場が開かないから、9時過ぎに来れば良い』と言ったから私は遅く来たのに」という具合です。

そこで私はこう言いました。「いくらそう言われても、この仕事があると事前に言われている以上、『はいそうですか』ではなく、別の人にも『準備がある以上、本当に9時でも大丈夫ですか?』と確認すべき」だと。

ついでにこうも言いました。

「○○さんがこう言ったというのも人には言わない方がいい。なぜならその人の責任ということになるからだ」と。それにはさすがの彼女もグウの音も出なかった模様です。でも心の中では不満だらけでしょう。

「私は悪くない、教えてくれない方が悪い」とばかりに。納得したから黙ったのではなく、言い返せないから黙ってしまったというのが正しいようです。教えてくれないのが悪いのではなく、自分から周りに確認を取らない方が悪いのです。

今までは言われたことだけをやればいいという環境にあったので自分から率先して何かをやる必要はなかったかもしれませんが、これからは違います。上下関係のある世界に飛び込んだわけですから、自分が一番下であるという自覚を持って行動すべきところがわかっていない、だから親切に教えてあげても言い訳ばかりが返ってくるとさすがにうんざりしてきます。でも彼女には言い訳という自覚はないみたいです。状況説明をしているつもりなんでしょう。自覚がないということはずっと今後も続きます。

でも昨日はさすがにはっきりと言いました。「『誰かがこう言ったから』と言えば、言った人の責任になるからそれはまずい、そんなことは言わない方がいい」と言われてしまえばさすがに言葉は返せないでしょう。

それにしてもなぜあそこまで自分を正当化したいのでしょう。よほどプライドが高いのか、頑固なのか、必要以上に良く思われたいのか、まぁ、こんなところでしょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2018/01/19)

About The Author

violet
はじめまして。ブログの管理人Violetです。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!
Follow :