Violet@Tokyo

私のペアは何処に?

約 4 分

一昨日はランクがかかった個人戦2日目ということで、応援に行ってきました。

来週金曜日が最終日ですが、その日も応援に行くつもりです。ペナルティーのおかげで来年も出ることができない私は、この時期はさすがに悔しいです。

自分の都合で移籍をしたわけでもないのに、「移籍=ペナルティー」なんて、これを十把ひとからげと言うのでしょうか。

なんとまぁ融通のきかないこと。 来週試合に出る人は4人いますが、一昨日応援に来たのは一人だけでした。

その彼女はこの前私と試合に行って「楽しかった」と言ってくれた人です。

その彼女と1日ずっと色々なお喋りをしてきました。

クラブの過去のこと、私と同時期に入った感覚の違う人のことなど、本当に色々・・。

彼女はこう言ってました。

「ここであの人たちが上がったら悔しい」と。

当たり前ですよ。その気持ち、本当によくわかる。

LOVE-6

ペアに恵まれず、今まで試合が楽しいと感じたことは一度もなく、いつも萎縮してばかり。

それは私も同じでした。上の人と組めば勝って当たり前という見方をされるけど、実は違います。

上の人はピークを過ぎた人で、今のレベルにはついてこれない、名ばかりのランク持ちなんですよ。

でもプライドがあるから失敗は後輩のせいにされ、緊張のあまり普段の力が出せないで来てしまったのです。

やっとここで自分のペアができるだろうと期待したけど、その人たちはあまりにも感覚が違いすぎて信用できない、しかも彼女はちゃらんぽらんなことをあちこちでしてきたので周囲からの評判はすこぶる悪い。唯一感覚の合う私はどうかと言えば、ペナルティーがあるからやはり組めないのです。

ずっとそんな思いをしてきたのに、彼女たちは最初からペアがいて、好き勝手なことばかりやっているなんて許せないというのが彼女の本音でしょう。

最初から気のあったペアがいるなんてごくまれで、多くの人はペア探しで苦労しているのです。

その苦労も最終的には無駄ではないと思うのですが、謙虚さのない人物が最初からそんな待遇を受けると、真面目にやってきた人は面白くないでしょうね。

苦労しながら他者に対する気配りを覚えていくのですが、その機会がないままだとそれが当たり前になってしまいます。

それが怖いです。

彼女は、年度末の試合は私と組みたいと言ってきました。

それには私も出るので、二人で申し込んで出ようかなと思っています。

それにしても自分が出るというのに、なんで他の3人は応援に来ないのでしょう。

夏前に彼女たちに「応援には行くべき」と伝えました。

その人が出た試合の時に、みんなが応援に来ていました。

その時に「ああしてみんなが応援に来てくれるでしょう?だからお互い様という意識で、自分が出ないから関係ないではなく、他の人の応援にだって足を運ぶものだよ」と。

その時は相槌くらいは打っていたけど、早速もう一人に相談したみたいです。

きっと不満だったのかもしれませんね。

その人から後日、「どの試合に行けばいいの?」と質問されました。

それで今回の試合は行くべきと答えたのですが、露骨に面倒臭いという顔をされました。

「今まで自由にやってたきのに、急にあれこれ言われると・・」みたいな?

だったらクラブに入らず、永遠に自由にしていればいいのに。

つまり私から何かを言われるのが迷惑みたいです。

だから今回は声もかけませんでした。今のままでは彼女たちはどんどんクラブで孤立していくでしょう。

チケットの件もそうだし、自分からクラブに馴染んでいこうという意識がないようです。

勝手にやらせておけばいいのかもしれないけど、立場的に一番近いのが私だから、あのままにしておいても迷惑かけられそうで、今のうちにあの二人は引き離した方が良いと思いますが、今の流れでいけばあのまま固定になっていくでしょう。

あれだけ人数がいてもペアに恵まれずにきた人はたくさんいることを知りました。

私だけではなかったのですね。でも何の苦労もなく、最初からペアが決まっていて二人で好き勝手にやっているなんて、それは反感買いますよ。

なんだか、どんどんあの人たちと距離が離れていきそうです。

でも意識が違うのだから、それはそれで仕方がないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/13)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :