Violet@Tokyo

タッチの差

約 3 分



今日はすごくおいしい仕事があったのに、タッチの差で作業が締め切り。

自分の得意なジャンルだけど、仕事の内容は一番不得意とするリライト作業。

元記事の要約に手間取ってしまったため、時間ばかりが過ぎてゆき、他の人に先を越されてしまいました。

これを骨折り損のくたびれ儲けと言います。下書きにかかった時間をムダにしただけというオチ。

そう言って笑ってはいられません。

この仕事である程度稼ぎたいと思えば、リライトもマスターしなければ限界があります。

そうそうブログ記事を量産できるわけでもなし、リライトのコツを掴めば文章力もアップしていくし、仕事の幅も増えていきます。できれば、の話だけど。

そこでリライトの方法について、あちこちのサイトで調べてみました。

ただ語尾を変えただけはリライトとは言いません。それはただのパクリ、もしくは拡散しているだけのことです。

リライトの方法はいくつかあります。まず言葉の置き換えで表現方法を変える方法。言葉を付け加える方法。順番を変える方法。要約するなどなど。

それらのテクニックを使ってわかりやすい文章に直していく作業がそれに当たります。

その中で一番難しいのは要約する作業です。要約するためには文章の全体感を知って、元記事の中で一番伝えたいポイントは何かを知ることにあります。それには読解力が求められるし、必要なものと必要でないものの仕分け作業が必要になります。

そして仕分けしたなかからなめらかな文章に直していく文章力が必要になります。さらに上級編として、その元記事が自分の得意とする分野で自分なりの知識があるなら、それをほんの少し付け加えることで文章をさらに魅力的な物にできるし、オリジナルな物になります。

でもこれはBlogの基本なのかもしれないと思いました。Blog記事を量産するという意味において、ですが。

私のように日々あったことを好き勝手に日記代わりに書いているだけではこういう作業はほぼ必要はありません。けれど他人のBlogに言及して、そこからオリジナルの記事を作り出すという人は、自然にこれをやっています。だからそれをしない私はリライトが苦手なのです。

かつては(といってもかなり前)そんなことをやっていた時期もありました。人に読んで欲しくて。でも今は人に読んでもらうためのBlogではないから、自分にしかわからなくてもいいと、すっかりBlogらしからぬBlogを書いています。

でもリライトをマスターすれば、自分のためのBlogであってももう少し魅力的な文章を書けるのではないのかと、今後は本腰を入れてリライト方法を学んでいこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :