Violet@Tokyo

「あの人が言った・みんなも言ってる」という告げ口を信じるな!!

約 5 分



最も卑劣な悪口の告げ口。私はかねがね「悪口を言う人より、聞いた悪口を、その本人(言われた側)に告げ口してくる人に注意せよ」と思ってます。

悪口を告げ口する人の悪質度にはピンからキリまであります。

ごく少数ながら情状酌量を考慮して、「更生の余地あり」といのがある一方、「更生の可能性皆無」という悪質なものもあります。

それは、自分が言った悪口を「あの人が言った」と他の人が言ったことにして、わざわざ本人に告げ口をする人。これは救いようのない邪悪な人。

そんな人は放置するしかないわけですが、今回は言われた側の気持ちや対処法にスポットをあてていきます。まずはコトの概要から。

人の心を傷つける「あの人が言った」という言葉

Aさんは日ごろからBさんに対して、ある不満を抱いていました。不満のタネはBさんの能力が低いこと。

影でそういった不満をあちこちで漏らしているらしい…という噂はなんとなく耳に入っていましたが、みな聞いても聞かぬフリを決め込み、Aさんが影で言ってる悪口は、Bさん本人の耳に直接入ることはありませんでした。

「あの人が言ってた」は、責任転嫁の代名詞

ところがあるプロジェクトでAさんとBさんがペアを組むことになり、力不足のBさんに対し、Aさんの不満は爆発。あれこれダメ出しした挙句、Bさんと親しくしているCさんの名前を出して「これはCさんが言ってたことだよ」と、無関係のCさんに責任転嫁。

Cさんはそんなことを言う人ではありません。自分の言いたいこと・必要だと思ったことは直接本人に言うし、そういう場合は相手を傷つけないよう言葉を慎重に選びつつ、的確に伝える人です。

それまでのつきあいで、そんなのはAさんの真っ赤な嘘、勝手な作り話だと冷静に考えれば(いや、考えるまでもなく)すぐにわかること。

第三者から見れば「ホラ吹きもここまでくると、病的としか言いようがない」と思うのですが、当事者のBさんは、精神的に参ってしまいました。

自分でもコンプレックスに感じていたことをズバズバ言われて傷ついた心は冷静さを失い、傷口に塩を塗るような追い打ちの言葉・「あの人も言ってた・みんなも言ってた」ですっかり疑心暗鬼に陥ってしまったBさん。

後日、Cさんにコトの真偽を確かめたそうです。

「みんなも言ってる」は典型的バカの口癖

もちろんわざわざ聞くまでもなく、Aさんの真っ赤なウソとわかりました。

それでもBさんの心は晴れません。多分、「みんなも言ってる」という言葉が彼女の中で尾を引いたのでしょう。

ここまでの一連の話を聞いたときに私が感じたこと、それは、多数派を連想させる「みんなも言ってる」という最も幼稚な言葉に、意外と人は弱いということ。

その幼稚さは、せいぜい5歳児並みです。

見てくれの年齢が必ずしもイコールではない

ただ本物の5歳児と違って、いくらか悪知恵がある分だけ他人を翻弄させる術には長けています。でもそれにしても賢いやり方ではありません。典型的なバカの口癖。

少なくとも、賢者はこんな言葉の使い方はしません。

だから早い話、「バカは相手にするな」ということです。

相手が大人だと思うから傷つくわけで、脳内の成長が5歳でストップしたかわいそうな人だと思えば、多少ムッとしても心はそこまで深く傷つくことはありません。シワや白髪にごまかされてはダメです。

自分がこだわっていることを武器にしたがる

賢くない人は、自分を基準に物事を考えます。自分のモノサシでしか物事を判断できないからです。

「自分が考えていることは、きっとみんなも同じように感じているはず」と思い込むから「みんなも言ってる」と、平気でホラを吹くのです。

他人を攻撃する時も同じ。あくまでも自分の感覚が基準なので、自分が言われていちばん嫌な言葉は、相手にとっても嫌だろうと勝手に判断します。

だからそういう人が口にする「みんなも言っている」は、その人にとっていちばん嫌な言葉なのです。

きっと人一倍、他人からどう思われているかにこだわる、中身もないくせに世間体だけは取り繕いたいタイプなのでしょう。

つまり最大の武器になるはずの言葉は、最大の弱点ということです。同じ土俵で戦う必要は全くないけど、「もしも」に備えて、相手の弱点くらいは知っておいて損はありません。

まとめ

以上をまとめると「あの人が言ってた・みんなも言ってる」は、言った本人がそう思っているだけで、誰も何も言ってないことがほとんどです。だから、そんな言葉を真に受けて翻弄される必要は全くないのです。

とは言え、仏の顔もなんとやら…という気分になることもあるでしょう。

あまりにも目にあまるようなら、悪ガキにはお灸が必要になってきます。そんな時は「何がこの人の弱点かな?」という部分に注目してください。「多用しているフレーズは何か?」に注目するとわかりやすいですよ。

観察あるのみ!
あとはオウム返し!

この二つで、そうとう効き目のあるお灸を据えることに成功するはずです。以上。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :