Violet@Tokyo

Google Chrome「プロフィールを開くことができませんでした」解決方法

約 3 分



いつごろからか、はっきりと覚えてはいませんが、多分一年以上は、下の画像のようなうっとおしいポップアップに悩まされていました。原因はわかりません。

右クリックをして「閉じる」ボタンを押せば普通にChromeは起動するのでそのまま使っていましたが、やはり毎回だとイライラします。何度かチャレンジしましたが、うまくいかずに挫折→放置の繰り返し。そんなこんなで半ば諦めていました。

でもやはりうっとおしいです。本当は年末のうちにPCの不具合を解消したかったのですが、忙しさにかまけて、とうとう年をまたいでしまいました。新年を機に、意を決してチャレンジし、やっと解決策を見つけました。

image  多くの人はChrome起動時と言ってますが、私の場合はPCを起動するとこのポップアップがいくつも勝手に立ち上がります。PCはwindows7、64bitです。 「Google Chrome プロフィールを開くことができませんでした」で検索をかけると、出るわ出るわ、同じような症状に悩まされている人が多いみたいです。こちらに様々な対処法が出ていますが、これというのがありません。

User Data フォルダを削除すればいいらしいけど、全てリセットされてしまうし、それを回避するには、ブックマークのエクスポートやインポートなど、非常に面倒な作業が必要になります。また、Historyと書かれたファイルを削除しても相変わらずポップアップは「これでもかー」みたいに立ち上がるし・・。

Chromeをアンインストールしてからインストールする方法もあるけどそれも決心がつかないし・・。 ようやくたどり着いたのはこちらのサイトでした。隠しファイルの表示が面倒なので[Windows] + 「R」キーで「ファイル名を指定して実行」画面を出して「%LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser Data」と入力します。 するとUser Dataが展開されます。User Dataまでのパスは以下です。

PCUserAppDataLocalGoogleChromeUser Data

次に、User Data配下にあるDefaultフォルダ内の「Web Data」ファイルを削除します。するとサクッと解決しました。鬱陶しさがなくなり、スッキリとしました。

これに気を良くしてもう一つ鬱陶しいと感じていたGoogle Chrome起動時に立ち上がる 「アカウントのログイン情報が古くなっています。」という画面ですが、これはGoogle Chromeの設定のページで「Googleアカウントを切断」で一度ログアウトをして、もう一度ログインし直せば簡単に解決しました。

ついでに不要なブックマークと閲覧履歴データーを削除しました。これで少し軽くなるのでは?と期待しています。

★参考サイト
https://support.google.com/chrome/answer/142059?hl=ja

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :