Violet@Tokyo

2013・大晦日

約 3 分



今年も無事に大晦日を迎えました。

無事に、というのが何ものにも代え難いです。

昨年の今頃なんて救急隊から呼び出しを受けて義兄が搬送された病院に行ってた頃でした。

それを思えば家族でのんびり年越しそばを食べて紅白を見ることができるだけ幸せです。思えば昨年のあの出来事が今年のドタバタを暗示していたのかも・・。

2013-12-31 11.07.55-1_R

でも無事に移籍先も決まったし、そこは今のクラブよりはるかに色々な可能性のあるクラブだから、悩んで苦しんだ分を差し引いてもおつりがくるかもしれません。 やっと最近になってそう思うようになりました。

今日は朝から駅方面に買い出しに行きました。気のせいか駅方面の人出が少ないように感じます。お正月だからとたくさん買い込む人も少なくなっているのかもしれませんね。早いところは元日から開くし、うちの近くのスーパーも二日から営業だから、そんなにたくさん買いこむ必要もなく、今年は本当に料理も少なめで(多分今までで一番買わなかった年かも)その分支度も楽チンです。

夫は二日が仕事だし、私も三日は友達と新年会だから、明日と明後日の夕飯の分だけの買い出しをすればいいのです。タラバガニを買ったくらいが普段よりちょっと贅沢といったところ。帰宅後、チビたちのお風呂を済ませ、全ての仕事が終わってやれやれです。

今夜の楽しみは高橋真梨子さんが出る紅白です。

なんでもひどい更年期障害に苦しんだそうですが、年に何度か調子のいい日がある程度で、本当に辛かったそうです。私は全くそういう症状がないからわからないけど(もしかしたらこれからか?)、あったとしてもバドミントンに助けられて感じてないだけかもしれません。

どちらにしても、バドミントンができるということは幸せなことです。本当に運命の分かれ道とはこのことです。「どうしても続けたいです」と5人で相談に行ったことがいい結果に繋がりました。 他の人たちは永久追放になってしまったわけだから、3月の時点で解放された気分になるかもしれないけど、いずれ後悔する日が来るはずです。

今までずっと組織にいた人が、その組織を失うということがどういうことか、もしかしたら団体戦の頃にじわじわと感じると予想しています。

その頃は私は新しいクラブの一員として団体戦に臨んでいる頃でしょう。どこのチームから出ることになるかはさておき、絶対に来年中には上に上がってみせます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


About The Author

violet
はじめまして。このブログを執筆しているViolet(ヴィオレ)です。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Follow :