子供にDQNネーム・キラキラネームをつける本当の理由

子供にDQNネーム・キラキラネームをつける本当の理由

少し前に自分の子供に「悪魔」という名前をつけようとした親が話題になったことを覚えていますか?悪魔くんも衝撃的でしたが、「DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)」を見ると、「悪魔」くん以上の強者がいます。

ほんの一部をご紹介しますと、十兵と書いて「くりすとふぁー」、主人公と書いて「ひーろー」、神と書いて「しはい」、愛人と書いて「はあと」、光宙と書いて「ぴかちゅう」など、これらをパッと見て、スラスラ読める方はそう多くないはずです。

キラキラネームの弊害

先日小学校で教職に就いている友人が、キラキラネームについて、ちょっと愚痴をこぼしていました。「子供の名前が読めない」と。

新年度を迎えるたびに、特に一年生の受け持ちになるたびに悩むそうです。

今のところはまだ、それが理由でイジメに発展したということはないけど(あくまでも彼女の学校では)、このような風潮がエスカレートすれば、あまりにも突飛すぎる名前の子が入学すれば、いずれそのような事態も予測されるだろうとのことです。

それ以外にも就職が不利になる、イジメを受けた、医療の現場でトラブルが起きるなどの声が上がっています。事実、静岡県立こども病院の救命医はtwitterで、「キラキラネームは取り違えを起こすからやめてほしい」と呟いたら炎上したとか。 066edfc2

救命の場合はいきなり救命病棟に運ばれるわけではありません。

救急車で搬入する病院とのやり取りをするわけですが、その際もし、キラキラネームの患者に意識がなく、親もついてないような状況(例えば道端で倒れていたなど)では、持ち物や名札などで患者の名前を受け入れ先に伝えます。

例えばさきほど紹介した「十兵=くりすとふぁ」君なら救急車の職員は「じゅうべい」と伝えるでしょう。

ところが後から駆けつけた「十兵」君の親が「うちのくりすとふぁーはどこですか?」となれば、そこでまたひと悶着あります。

もし手術を要する場合は同意書も必要になりますし、輸血が必要なら血液センターにも連絡しなければなりません。

でも名前が違っていたとなれば書類の作り直しが先ですからそれが終わるまで手術ができないのです。この救命の医師はそれを言いたかったのだと思います。それが医療現場の決まりですから。

キラキラネームを擁護する人の意見とは?

twitterで炎上したということは、このような状況を知ってかどうかはわかりませんが、キラキラネームを擁護する人がいるのも事実です。書類云々というシステムに問題がある、同姓同名ならどうなんだと。でも一度できあがったシステムを変えるためにはそれ相応の時間がかかります。

下手すれば、誰かの犠牲があってからでなければシステムなんて簡単には変えることはできません。

でも救命の現場では時間勝負で、そんな悠長なことは言えないのす。 だから、キラキラネームをつけるのが親の自由だと言うなら、将来起こりうるリスクも認識すべきではないでしょうか。そこまで覚悟を決めて名づけるなら、それはそれで親としては立派です。

名前をつける自由は親にあります。教職に就いている友人とキラキラネームの話をした時に、もうひとりの友人はこう言いました。娘が妊娠して子供の名前を考えていたとき、その名前はどうやらキラキラネームだったようです。

でも彼女は娘にこう言ったそうです。「どうせ子供は親の思い通りになんて育たないから、名前くらいはせめて、思い通りに、自由につけなさい」と。それによって自由すぎる発想の元、友人はキラキラネームのついた孫を持つことになったのです。

このように、「キラキラネームは親の自由であり特権」と言い切る人もいるのは事実です。 でもなぜあえて彼らは珍しい名前を選ぶのでしょうか。私なりにその理由を考えてみました。

なぜキラキラネームを選んだのか?独自の考察

  • 自分の名前が平凡すぎて嫌い
  • キラキラネームをつければ子供がキラキラすると思っている
  • 「こんなに難しい漢字をたくさん知っているんだぜ!」という親のアピール(補足:1)
  • 「常識なんてクソくらえ!オレ様は型にはまらない子育てをする親」であることのアピール
  • 時代の先駆者だと思っている
  • 親以上にはなれないことがわからず、子供に多大な期待をかけている
  • 新人お笑い芸人さながら、目立ってナンボの世界
  • そもそも、個性と奇抜を履き違えている

(※補足1)いわゆる族がよく使う”夜露死苦”系の名前です。”よろしく”なんて平仮名で書けば簡単なのに、あえて漢字を使って字画を多くすれば、その分自分が賢く見えると思っているのかもしれません。その昔、「傷だらけの天使」という人気ドラマがありました。水谷豊さん演ずるアキラは中学中退で、漢字を飛ばして平仮名だけを読みました。私の記憶が確かなら、それからではないでしょうか。族がこぞって漢字を使い出したのは…。

私は親がつけてくれた名前が好きです。あ行から始まる二文字の名前。女の子だから「さん」より「ちゃん」と呼ばれて親しまれる名前、それでいて覚えやすくわかりやすい名前。漢字の意味にも願いが込められていて名前負けもなく親の愛が感じられる名前です。

このまま年老いても、ずっと違和感なく付き合える名前だと思っています。

要はつけられた子供が、その名前を気に入るかどうかではないでしょうか。名前は親の最初のプレゼントと言いますが、プレゼントは受け取った側が喜ぶかどうかに価値があります。そのあたりを考えて、子供の名前を選んで欲しいと思うのです。

 

子供にDQNネーム・キラキラネームをつける本当の理由

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。ブログの管理人Violetです。 このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!