Violet@Tokyo

自分の非を認めない人の対処法

約 4 分

「この人には何も言いたくない」と思うのは、自分の非を認めず、都合が悪くなると言い訳ばかりする人です。

「こうした方がいい」とアドバスをすると倍になって言い訳が返ってきます。

他人のアドバイスは彼女にとって「言われてしまった」「大きなお世話」となり、悪く解釈するみたいです。その例がチケットの件。他にも審判の件暗幕の件などたくさんあって、もういい加減ウンザリです。 外部練習のことも盛んに私に聞いてくるから、正直に「キツイよ」と答えると「◯◯さん(私のこと)が『キツイ』と言ってたから私は行かない」と、人のアドバイスを言い訳の材料にします。

言葉の責任を他人に押し付けるのが見え見えなので、彼女には何も言えなくなります。 通常なら関わらないのが一番なのですが、一番近い存在なのでそうもいきません。こんな人物とどう関わっていったらいいのでしょうか。

その場では指摘せず、周りが気がつき始めたらみんなの前で指摘する

直接アドバイスをすると言い合いになるのは避けられないので、周囲が気づくまで待つのが一番です。その話題が出た時に初めてみんなの前で口火を切れば、周囲は同じ思いだからこちらに加勢するはずです。それでも必死になって言い訳するでしょうけど、言い訳する姿を周囲に見せつけることができればやがて呆れられるのがオチです。そうならないと反省などしないでしょう。

突き放して自分で決めさせる

何か質問してきて親身になって答えても、「あの人がこう言ったから」と、他人を引き合いに出すのが彼女のデフォルトの姿。それを避けるためにはどっちつかずの曖昧な返事をした上で「自分で判断して決めれば?」と言えば、他人のせいにはできません。

ex,

質問:「この練習に行かないといけないの?」

返答:「自分で必要と判断すれば行けばいいし、そうでないと判断すれば行かなければいい」

あれこれ聞かれても「練習は自分のためで義務ではない」と、あくまで「あなたの責任」「あなたの判断」という姿勢を崩さず、自分で決めさせることがコツです。また「『誰かがこう言った』なんて言えば、その人の責任になるから」ということも付け加えておけば更にいいでしょう。

相手の性格と心理を知る

敵を知ることが最大の対処法です。自分の非を認めず、都合が悪くなると言い訳をして何かのせいにする人の性格は、素直さがなく強情、無責任、図太い、頑、それでいて小心者というタイプが多いように感じます。

人から何か言われることを極端に恐れるあまり、自己防衛の固まりと化しているのでしょう。あるいはプライドが高いのかも。少なくとも彼女はそんな感じです。

ただそれを直そうと思うとストレスになります。この年まであの性格なら今後も直ることはなく、もうあのままです。「そういう人なんだ」と思って接する以外方法はありません。

どうしても関わらないといけない事情がある場合、相手の立場に沿って親身になって答えれば損をするので、無難な一般論で逃げるしかありません。つまり心の距離を取るのが一番です。期待をせずにやり過ごす、これしかありません。「障らぬ神に祟りなし」を貫く以外ないのです。

そして彼女の一番の特徴は、自分は間違ってないと信じていることです。そう思っている限り、自分の非なんて認めるわけがありません。だから非常識なことをしておきながら平気で言い訳をするのです。 彼女に自分の非を認めさせるには、身をもって間違えだったと実感させることです。そのためには失敗した時がそのチャンスです。彼女は失敗を恥と考えているみたいですが、言い訳するのが恥であることを知りません。

だからみんなの前で言い訳する姿を晒せる状況を作り、そこをつつくのが一番効果的です。でも、いい年して子供みたい(ーー;)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/12)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :