Violet@Tokyo

ラーメン・そばを食べるのが遅い女性にありがちな特徴

約 5 分

食事はよく噛んでゆっくりと食べるのが女らしさと言われていますが、それも食事の内容によりけりだと思っています。

時間が経てばのびやすくなるラーメンやそばを美味しく食べるコツは、必要以上に時間をかけないこと。熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに食べるのが基本です。

ではラーメン一杯を食べるのにどのくらいの時間がかかるのでしょう。「ラーメン屋で、食べる時間の長さについて」というトピがあります。

それによれば「基本的には着丼から食べ終わるまで男性8分 女性12分が良いと言われてます。」とのこと。

体格の問題もあり、男性に比べて女性が遅いのはある程度仕方がないことです。

その理由は以下。

  • スープが飛び散り衣服が汚れるのを避けたいから男性のように豪快には食べられない
  • あまり音を出して食べたくないとい
  • メイクが落ちるのが気になる

女性にとって食べにくいとされるラーメンやそばですが、食べるのにかかる時間を調べてみました。

男性に比べて女性はバラつきがあります。

早い人は10分くらいでかなり優秀。

ちなみに私は8分くらいですが、遅い人は30分以上かかる女性もいるようです。

いくらなんでも回転率命である行列のできるラーメン店で30分以上というのは敬遠されますよね。

それにしてもどうやったら30分以上もかかるのか、そちらの方が不思議です。

私もよくラーメンやそばを食べに行くので極端に遅い人の特徴をまとめてみました。

口に運ぶまでが異常に長い

箸ですくってそのまま口に運ぶのかと思いきや、またおろしてすくい直すを延々と繰り返している女性を見たことがあります。

冷ましているというより食べ物をぐちゃぐちゃとかき回しているようで汚らしく感じます。

実はこれ、ラーメンだけでなく、へきそばを食べている時に隣にいたおばさんがこれをやっていました。

せっかくきれいに盛り付けられたへぎそばが無残な姿になり、やがてそばの水分がなくなってそば同士がくっつき、うまくすくえないという事態に…。

あれじゃそばも浮かばれません。結局半分以上残していましたが、残すにしても食い散らかす感じの汚い残し方で、一生懸命作った店の人に失礼だと思いました。

レンゲにミニラーメンを作る

いちいちレンゲの上に麺を乗せて食べる理由は音を立てたくない、猫舌だから、衣服を汚したくないといったものでしょう。果たしてあれで本当に美味しいのでしょうか。

そんな面倒なことをしなくても、音を立てずに食べる方法はあります。ただそうやって食べることを女性らしさと感違いしている姿は見ていて痛いです。

喋っている

女性同士に多く、麺を箸ですくって持ったまま口には入れずに話に夢中。

持った麺は冷めてしまうためにまた別の麺を箸ですくい直す。今度こそ食べるのかと思いきや、また喋りだして口に入れる気配ナッシングという不思議なおばさんを見たことがあります。

口に入れそうでなかなか入れないじれったさを感じました。

食べに来ているのか喋りに来ているのか、意味不明。

基本的に長蛇の列ができる人気ラーメン店では遠慮したいものですよね。それとも喋り続けていないと死んでしまう体質なのでしょうか。

早食いはダイエットに悪いと思い込んでいる

ダイエットの基本はよく噛んでゆっくりと味わうとされています。早食いは肥満の元というのを信じて一口麺を入れる度に箸を置いて徹底的に咀嚼している人を見かけたことがあります。

でもラーメンを食べる時くらいはダイエットを忘れてもいいのではないでしょうかね。

衣服を汚さないラーメンの食べ方

ラーメンで衣服が汚れるのは麺の先端(最後の部分)があちこちに向いて暴れるからです。先端部分を箸で支えれば麺が暴れることはありません。

これなら衣服が暴れることもなく、ズルズルと音をたててすすることもありません。

どんぶりを自分の体に近づけ、麺と口の距離ができるだけ近くなるようにします。一度に持ち上げる麺の量は4~5本。これは女性が一口で口に入りきる量です。

どんぶりから真っ直ぐに麺を持ち上げ、麺を口に入れたら箸を離さずそのままスライドさせて少し下にずらします。そしてまた箸で口に入れの繰り返しです。

これなら音を立てずに麺を口に入れることができます。麺の最後が見えてきたら今度はその部分を箸で掴んで口に入れます。麺の輪ができる感じです。

日本ではそばやラーメンはすすって食べてもいいとされていますので、多少の音に神経質にならず、むしろ衣服を汚さないことに神経を配った方が良さそうですね。

この食べ方ならカレーうどんやトマトソースパスタもOKですよ。

ざるそばの食べ方

ざるそばも一度に持ち上げる麺の量は4~5本程度です。

つけ汁に入れる時はつけ汁の中で麺を離さず、汁につけたらそのまま口に入れれば無駄な動きが省けます。結局のところ遅い人って、無駄な動きが多すぎるんでしょうね。

見ているとたくさんすくってつけ汁に入れ、入れたはいいけど結局入りきらなくてそばを箸で切っている人がいます。これはきれいな食べ方ではありません。

最初からそばを切らなくてもいい分量、口に入れられるだけの分量をつかみ、箸をつけ汁の中でも離さなず食べるのがのびないうちに美味しく食べるコツではないでしょうか。

これは私がいつもやっている食べ方ですが、この方法なら10分かからず完食します。

女性としては早い方です。衣服も汚しませんし、レンゲを使ってミニラーメンを作るよりもはるかにスマートではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/16)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :