Violet@Tokyo

熟年離婚の危機!冷え切った夫婦関係が壮絶すぎて身も心も凍りつく

約 6 分

ゴールデンウィーク初日、高校時代の友人に会いました。

その中の一人・S君が日々冷え切った夫婦関係を送る今回の主人公です。

「仮面夫婦」どころではありません。もういつ離婚してもおかしくない状態です。

二人の関係が壮絶すぎて言葉を失いました。

【悲報】超壮絶エピソード

以下はS君が奥さんから受けた被害の内容です。

被害状況

  • レスである、会話がない、ともに行動をしない、目を合わさない
  • 洗濯物はS君の分だけ取り込まない
  • 食事もS君の分はない
  • 伝言は子ども経由。しかも必要最低限
  • 「家族で出かけよう」という時のメンバーに、S君は入ってない
  • 重要事項は奥さんと子どもで決める。ずいぶん経ってから子どもを通して事後報告(あればマシ)
  • たまに優しい時は給料日とボーナスの日だけ
  • 同居を解消し、S君の母親には一人暮らしをさせている
  • Lineは常に既読スルー。それに文句を言えば「ブロックされないだけありがたいと思え」と言う

どうでしょう。仮面夫婦のあるあるネタが全て詰め込まれています。

他にもいろいろありますが、キリがないのでこの辺で。

一方S君は、朝目覚めると、奥さんの寝息を確かめるそうです。

「なんだ、まだ生きているのか…」

と、がっくり肩を落とすのが毎日の日課だとか。

怖っ!

何年も前から夫婦仲が悪いとは聞いていたけど、まさかここまでとは…。

奥さんの名誉のために付け加えますが、彼女が鬼嫁というわけではありません。

それどころか、彼にはもったいないくらい性格のいい人です。

けれど長い結婚生活の中に彼女をそうさせてしまう理由がいくつもあって、積もり積もった結果が今の状態です。

片方だけが悪いわけでもないし、悪いとするならお互いに足りない部分があったのです。

離婚しない理由

2

「それほど険悪なら、離婚した方がお互いにとって幸せじゃない?」

素朴な疑問として彼にぶつけてみました。

「お互い顔を見るのもイヤだけど、離婚に踏み切るまでの勇気が持てない」

というのがその答えですが、離婚しない理由をざっくりまとめてみました。

お金の問題

子どもの学費や生活費がネックになって、離婚に踏み切れぬまま年数だけが経過。

そうこうしているうちに離婚そのものが面倒になり、今に至るとのことです。

離婚は面倒

「離婚は結婚するときの3倍のエネルギーを要する」と言われてますから、「嫌いを通り越して無関心になってしまった相手のためになど、無駄なエネルギーを使いたくない」という感じ。

老後の心配

持病があるのでさすがに一人暮らしには抵抗があるのでしょう。とりあえず法的に夫婦でさえいれば何かの時に役立つかもしれないと考えています。

そのため、できるだけ家族と接触しないですむように勤務以外の時間を外で過ごすのが最近のスタイル。

ここまで来れば夫婦関係の修復は無理です。

それは彼もわかっていて、今さら何かを変えたいとは思っていません。

現状を受け入れ、自分ができる最善策を探した結果が「できるだけ接触しない方法」だったのです。別行動を取れば摩擦は減らせますからね。

離婚をしない。でも関係を改善する努力もしないなら、極力関わらない工夫をするのも一つの手です。

何が原因?

3

「なんでこんなことになっちゃったの?」

今さら原因を探ったところでどうにかなる問題ではありません。でも二人とも高校時代から私が良く知る人物です。長いこと二人を見てきただけに残念な気持ちでいっぱいです。

熟年離婚、家庭内別居、卒婚など、夫婦が冷え切った関係に至る理由は人それぞれです。

代表的なものは暴力や浮気、金銭の問題などがありますが、少なくともこの二人には該当しません。

しいて言うならお互いの声に、ちゃんと耳を傾けなかったことでしょうか。

理解しあおうとする気持ちが足りなかったの一語に尽きます。

会話が成立してない

お互いに「わかって、わかって」と訴えるだけだと、自分の言いたいことだけに意識が向きます。

それは会話ではなくただの言い合いです。

そうなればどうしたって「相手が何を言いたいのか」は二の次になります。

会話の少ない夫婦ってだいたいこんな感じ。聞いているようで聞いていない。

相手がしゃべっている時は、聞いているフリをしながら自分が次に何を言おうかと考えています。

だから相手の話なんて1ミクロンも頭に入ってない。右から左に素通りです。

なんのために耳が二つで口が一つなのか。それは、しゃべる倍だけ相手の話をちゃんと聞きなさいってことです。でもそれができてない。

夫婦に限らず、会話をしていてかみ合わない人もそう。

だからいくらしゃべっても伝わらず、やがて伝えるだけ無駄だと悟れば言葉をつぐみ、「価値観の違い」というあいまいな理由をつけて「結婚生活は失敗だった」という答えにたどりつきます。

男女の違い

この二人を見ているとつくづく男と女にはわかりあえないものがあると感じます。

彼の奥さんは「あの時のあの行動が許せない」と、どんなに時間が経過しても、まるでつい昨日のことのように言い続けています。

確かにその時はS君が悪かったわけですが、時間が経過するとS君はそのことはすっかり忘れ、今、自分が妻から受けている理不尽な行為に対して怒りを覚えます。

これこそが典型的な男女の差です。怒りのタイムゾーンが違うのです。

女性は過去の怒りをいつまでも手放さない。それに対し、男性は今の怒りしか見えてない。

過去のことを持ち出せば、「あれはもう終わったこと」扱い。だから「今さら蒸し返す女の方が悪い」ことになるのです。

その姿を女性が見れば、「反省してない、わかってない。自分のしたことを棚の上に置いて忘れてる」と、ますます溝が深まっていくばかり。

これを見る限り、男女には違いがあることを前提の上で、問題はその都度解決するのがいいみたいです。

価値観の違いはあってあたりまえ

芸能人がよく離婚の理由として「価値観の違い」を挙げています。でもその多くはこじつけのようなものです。公にできない理由が別にあるから便宜上そう言っているだけ。

育った環境が違う二人が結婚する以上、価値観は違ってあたりまえ。

知り合った当初は自分にはない相手の違う部分に惹かれあったはずです。

その違いをどこまで許せるか、理解し合う努力をするかがたいせつです。

日々耳を傾け聞き合うこと。互いを許し合い理解し合うこと。

それさえ心がければ、ずっと円満でいられるはずです。

「最近夫婦の会話が少ないな」

そう感じたら、今からでも見直してみてはいかがでしょうか。

どうしてもダメなら資金調達!

それでどうしてもダメなら、お金に変えられるものはチャッチャカ売り払って、第二の人生の資金に当ててください。

結婚指輪なんて、いらないものNO.1。多くの人は処分に困り、離婚者の約半数以上は捨ててしまってますが、やはりそれはもったいない。

「結婚指輪買取専門店」で、見積もりだけでもしてみませんか?指輪と違ってお金はいくらあってもじゃまにはなりませんよ。今回は以上です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/09)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :