Violet@Tokyo

Windows Live メールにヤフーメール(@yahoo.ne.jp)のアカウントを追加した。受信はできるのに送信ができない!

約 4 分

Windows Live メールにYahoo!メールアドレスのアカウントを追加したのですが、受信はできても送信ができないという事態に陥りました。

調べてみると同じような現象で悩む方がたくさんいるので、その対処法をご紹介します。

MNPをきっかけに(@yahoo.ne.jp)のアカウントを追加

そもそもなんでこんなことをしたかと言えば、スマホの通信料を抑えたいと思い、auからY!mobileにMNPしたことが発端です。

当然ながらそれまでの「@ezweb」のキャリアメールは使えなくなります。そこでYahoo!メールアドレス(@yahoo.ne.jp)を取得。

元々私はYahoo! JAPAN IDは持っていたので、Yahoo!メールアドレスもすぐに取得できたし、iPhone側の設定作業もスムーズでした。

そこまでの設定に関して、一応参考サイトも貼っておきますね。

Windows Live メールにYahoo!メールアドレス・アカウントを追加!

なのでWindwos PCの方は手をつけなくてもいいかな、とも考えたのですが、まぁ一応設定だけでもしておこうと、最初のうちこそ「こんなの朝飯前さ!」くらいの軽ーい気持ちで作業に取り掛かりました。

上記の手順どおりにやっていけば、すんなりアカウントは追加されます。

ここでのキモは「サーバー情報」の欄に正しいアドレスを記入することでしょうか。

MEMO

  • 受信メール サーバーの種類(M)」で「POP3」になっていることを確認
  • 「受信メール (POP3)(I)」で「pop.mail.yahoo.co.jp」と記入
  • 「送信メール (SMTP)(U)」で「smtp.mail.yahoo.co.jp」と記入

1image

Windows Live メール エラー ID: 0x800CCC0Eとは?

しかしメールの送信は、エラー(Windows Live メール エラー ID: 0x800CCC0E)が出て送信できず、送信トレイにそのままメールが残ります。

そもそも「エラー ID: 0x800CCC0E」とはなんぞや?ということですが、エラーIDにはそれぞれ意味があって、0x800CCC0Eの場合は、サーバー名やポート番号が違っていますよ、という意味です。

規定値では送信メール(SMTP)のポート番号は25になっています。

それを以下のように変更しました。

2image

MEMO

  • 送信メール(STEP)を587にしてもダメだったら465に
  • 「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」にチェックを入れる
  • 受信メール(POP3)を110に
  • 「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C)にはチェックなし

最後に

これで無事に解決し、Windows Liveメールでもスムーズに送信できるようになりました。今回は以上です。この勢いでGmailも設定しましたが、それはまた別の機会にご紹介します。最後までお読みくださりありがとうございました。

追記:Gmailアカウントの追加方法はこちら!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/08/25)

About The Author

violet
はじめまして。ブログの管理人Violetです。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!
Follow :