Violet@Tokyo

誰も愛せないタイプの男とは?

約 3 分

前彼に「一緒にいても楽しくない」といわれてフラれてから、すっかりトラウマとなってしまい、男の人と2人きりになるのが怖くなってしまいました・・。Yahoo!知恵袋を見ていたらこんな書き込みを見つけました。

私的にナイスな答えは「相手に楽しくないと言うような男が、実は楽しくない人間なんだよ。本当に好きなら、自分から楽しくしようと思うでしょ?その彼もあなたに楽しさを期待してただけで、本当に好きではなかったんだよ。」というものです。

いるんですね。このような無神経な言葉を平然と放つ男性というのが・・。

寝言は寝て言えよ。楽しくないなら自分で楽しくしようとする努力もしないで、相手に楽しさを求めるタイプに限ってこんなことを言うのです。そもそも、女性はお笑い芸人じゃないっつーの!!

第一、タダでやらせてもらっただけでなく、その上タダで楽しませてもらおうなんて虫が好すぎます。

女性の「好き」にかこつけてタダ乗りしたなら、そのツケの分だけ楽しませるのは男の役目です。オンナに乗るにしたって楽しさを求めるにしたって、そこに心がないのなら普通は金を払うものです。

金がないケチな男に限ってこんなことを言うのです。ま、結局「一番つまらないのはアンタのことよ」ってことです。

これは女性の容姿をけなすのと同じくらい傷つく言葉です。「楽しくない」と言われても、どうしようもないのですから。

「じゃあ、どうしたら楽しくなるの?」と聞きたいですよね。

でも、こんなことを言う男性に対して楽しませようと努力をするだけ時間の無駄です。一緒にいる今のこの時間を楽しもうという意識がない人というのは、楽しいことがどんなことかが自分でもわかってないからです。一緒にいても欲望を満たすための道具にされるだけ。他に好きな女性ができるまでのキープにされて、挙句の果にはポイされるだけです。

仮に他に好きな女性ができても長続きはしません。だって人を心から愛せない、自分のことしか考えない男ですから。

もし一緒にいて楽しくないと思えば、最初から付き合うことはしません。友人関係でもそうでしょう。合わないと思えば最初から友達になりません。でも友達になってからは、楽しいとか楽しくないってことはあまり考えないはずです。

これは夫婦関係でもそうで、恋愛だけが特別ではないと思います。ドキドキがなくなってからが本当の人間としての付き合いです。自分が常に刺激を求めるなら、まず相手にそれをしてみろって言いたいですね。人にドキドキも刺激も与えることもできないくせしてよく言うわって感じです。

でもね、世の中、上手くできています。これを言われて傷ついた女性はいつか必ず幸せになり、これを言った男性は間違いなく不幸になります。これが因果応報というものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/09/14)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :