Violet@Tokyo

波乱が予想される一周忌

約 2 分

同い年の従兄弟から往復はがきが届きました。11月の末に叔母の一周忌を執り行うとのことです。

ついでだけど宛名の字を間違えていました。失礼にもほどがあるんだボケ。

姉に早速電話をしました。もちろん出席だそうです。自分から進行役をやると言ったにも関わらず、分が悪くなると降りると言い出す例のハゲ散らかした従兄弟からはその後一切連絡はないそうです。きっと心労が祟り、また毛が抜けたのでしょうね。

姉に言いました。「叔父さんのことを盾にとってああだこうだと脅しをかけてくるなら、叔父さんが亡くなった後で甥姪だけで全てを公平に分ければいいのでは?」と。姉は大賛成しました。そうすればハゲ以外、全員が得をするわけですから。でも姉も意地になっているみたい。姉は変に正義感が強く、いい加減なことが大嫌いな性格です。ズルさとか人を利用するとか、とにかく私利私欲に走る人間が大嫌いみたいです。あれから税務署に行って叔父のことを相談したみたいです。やれば出来る子、偉い。

ただハゲもハゲなりに必死で考えているかもしれません。一周忌に叔父を担ぎ出す魂胆かもしれないなんて、チラッと頭をかすめました。法的な部分での言い分はこちらがまっとうなことを言っているわけですし、それを相手もわかっているからもしかしたらそんなこともアリかな、なんて。考え過ぎかな?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/09/13)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :