Violet@Tokyo

気持ちはどんどん離れていく

約 3 分

金曜日は個人戦の最終日。私は応援でしたが、クラブからは二組が参加しました。

結果は一回戦敗退で、私の願い通り、ランクアップならずという結果に終わりました。

彼女たちはランクなんてどうでもいいわけだから、何とも思わないでしょうね。

でもあれは彼女特有のダメだった時の言い訳の材料で、本当はそれなりの野心はあったと思います。「あわよくば」という具合に。だから試合をに申し込んだ。

最初は自信があったと思います。そうでなければ申込みませんよ。

でも周囲から「難しい」と言われて不安が増して「どうでもいい」と強がりを言った。これが本音ではないでしょうか。

どちらにせよ、みんなの見ている前で負けるって、本当に情けないでしょうね。応援なんて来てほしくなかったはずです。

その応援について、試合の前日、あるやりとりがありました。

応援に関しては夏前に説明しましたが、結局彼女たちは来ませんでした。「明日はみんな応援に来るよ」と言われて一瞬驚いた顔をしました。ついでに「自分は来てもらうのに、人の試合の応援に行かないのはまずいでしょう」と言ったら「私だって暇してたわけじゃない」と、生意気にも言い返してきました。図星をつかれて開き直ったって感じです。

暇があるなしの問題ではなく、気持ちの問題です。試合に出る時間はある、日本リーグを見に来る時間はある、でも仲間の応援なんてしたくないでは通らないでしょう、チームなんだから。と、そこまではっきりとは言わなかったけど、「それにしたって三人とも来ないなんて・・」と言ったら黙ってしまいました。それ以上は言い返せなかったのだと思います。他人の応援なんてするのもされるのも嫌みたいです。

案の定、昨日もみんなが来てくれたのにお礼一つ言わず、それどころか二人でぴったりくっついて応援に来てくれた人には近寄っても来ませんでした。目も合わせようともしないで無視したまま「何しに来たの?」という態度です。

ある大御所は「態度が悪い、なんだ、あれは」と言ってましたが、確かに常識はないですね。

そしてもう一人の問題児もやらかしてくれました。負け主審なのでペアのどちらかがやらないといけないのですが、「私、できないからやって」といきなり言ったらしいのです。

それまでできないなんて一言も言わなかったのに、土壇場でそんなことを言うなんて。しかも普段だって練習一つしないし・・。最初から彼女に押し付けるつもりだったみたいです。あの調子の良さにはついていけません。

さすがに「それはないよ」と彼女のペアが私に泣きついてきましたが、私が口出しする問題ではありません。失敗してクラブ責任になってもまずいので、「仕方ないから今回に限り、できる方がやって」ということになりましたが、ペアは懲りたでしょうね。

本音を言えば、やらせて失敗させて問題になった方がよかったのですが、そうなると、やらせた側に責任がのしかかります。私にも火の粉が飛んでくるので、それは勘弁願いたいです。だんだんその問題児の本質がわかってくるにつれ、前のクラブ同様、変わり者扱いされて、やがて相手にされなくなるでしょう。

これらもろもろを経験して、自分はクラブには合わないと実感していくかしら?

それともそんな繊維な神経はないかしら?

どちらにせよ、あの三人、本当に早く辞めて欲しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/22)

About The Author

violet
はじめまして。ブログの管理人Violetです。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!
Follow :