スープカレー専門店で出会った迷惑な子連れ客。大人は我慢するしかないの?

外食.子連れ.奥芝商店八王子片倉城

今年2月にオープンした、奥芝商店八王子片倉城に行きました。

奥芝商店といえば1時間待ちは当たり前の超人気店。数日前から友人たちと計画し、久々のスープカレーを味わおうと楽しみにしていました。

ところが隣にいた迷惑な子連れ客のおかげで、せっかくのスープカレーが台無し。満足に味わった気がしませんでした。

同じお金を払っているのにと思うと、納得できないなぁということで、外食で迷惑な子連れ客に遭遇した時の対処法について書いてみます。

店内に通された瞬間、赤ん坊の泣き声が…

12時半に到着した私たち。店の外で1時間待ち、店内に通されたのは1時半でした。

入った瞬間、私が耳にしたのは赤ん坊の奇声。あの独特の、耳をつんざくような甲高い泣き声。それはまさに発狂レベルの騒音です。

そのまま座敷に通されましたが、隣のテーブルには2〜30代とおぼしき母親たち3人プラス、彼女たちの子供( 0歳児と1歳児 )2人の計5人。

0歳児は座布団に寝かされていましたが、問題は1歳児。奇声の主です。

「あの集団が隣か…」

イヤな予感が走りました。

母親の非常識っぷりに唖然

でもテーブルには空の食器が積み上げられていたので、「どうせ食べ終わっているんだからすぐに帰るだろう」と思いましたが、結論から言えば、その認識が甘かったのです。

とっくに食べ終わっているというのに、どっかり座り込んで一向に帰る気配がない…どころか、男性客の目も気にせず堂々と授乳まで始めちゃっている。それを見て、やがておしめでも取り替え出したらどうしようって、マジで思いましたよ。

その野生児は少しもじっとしていません。水が入ったコップをひっくり返して畳の上を水浸し状態にしたり、店中に響きわたる奇声を上げて泣き叫んでみたりと、まぁうるさいのなんのって。

なぜ子供が騒いだのか?

2

それは、あの場にいることに対して飽き飽きしていたからです。他人の私たちが見たって飽きているからだとわかるのに、なぜ母親なのに、そんなこともわからないのでしょう?

そんな思いで周囲にいる客たちは、冷ややかな視線を彼女たちに向けていました。

しかしご本人たちはどこ吹く風で知らん顔を決めこみ、おしゃべりに夢中。

あれほどガン見されたら居た堪れないと思うけど、彼女たちは表情ひとつ変えません。

どうやら白い目で見られることに慣れているらしい。

やがてその野生児はこちらのテーブルにまで遠征してきてテーブルの上にあるものを片っ端から触ろうとします。

おしゃべりに興じていた母親たちも、さすがにその時ばかりは慌てて野生児の身柄を捕獲に来ましたが、「すみません」の一言もなし。私はこれがいちばんムカつきました。

せめてすまなそうな顔のひとつもすれば、近寄ってきたときに声のひとつもかけてお愛想を振りまきますが、さすがに表情が引きつり、それもできませんでした。

なぜ平然としていられるのか?

彼女たちにしてみれば「泣くことが赤ん坊の仕事」くらいに思っているのでしょう。

あの金属的な泣き声を日常的に聞いていればそれに慣れてしまうためか、さほど気にならないのかもしれません。だから平気でいられるのです。

彼女たちにはそうでも、私たちには単なる騒音でしかありません。彼女たちには「可愛い我が子」であっても、私たちには「ただのうるさいガキ」でしかないのです。この違いを把握できない人のことを、世間では[バカ親]と言うのです。

友人たちもゲンナリ

友人たちは口々にこう言っていました。

友人・1
あれほど騒ぐ子も珍しいね
友人・2
私が子育て中は、外食なんてしなかった
友人.3
しつけしてから出直せよ

いやいやしつけ以前の問題でしょ。乳とウンコくらいしか頭になく、理屈もわからないような赤子に「静かにしろ」という方が無理ってもんだ。

しつけが必要なのは親の方。「ハウス!」と言えたらどんなにスッキリしただろう。

★ちなみにハウスの教え方はコチラです。

そのしつけ方では待てができる犬にはならない~我慢ができる犬に育てる基本

2015.07.05

店の対応は適切なのか?

ガラの悪そうな品のない母親だったので、私たちはひたすら我慢しましたが、 ああいうのを野放しにする店の対応もどうなのよと思った次第です。

結局彼女たちが帰ったのはそれから約1時間後、私たちが食べ終わった頃でした。

結局あの人たちは何時間粘っていたのだろう?

奥芝はお子様メニューも用意しているので、子連れOKの店です。でもそこは、kidsRoomではありません。しかもお昼どきでいちばん混んでいる時間帯。

外で1時間以上も待っている客が私たち以外にもたくさんいるわけです。「間に合うかしら」と、昼休みの時間を気にしながら待っている人もいました。

それならせめて、食べ終わっているのに平然と長居を決め込む客に対しては、店側が何かしらの対応をして欲しかったというのが率直な感想。

「帰れ」とまでは露骨に言えないだろうけれど、せめてテーブルの上の食器を片っ端から片付けるくらいのことはしてもいいはず。現にそこらを水浸しにしてとっ散らかしていたんですから。

もし次に、こんなことがあったらどうしたらいいだろう?

多くの子育て中のママたちは、外食するときは周囲に配慮して子供が飽きないように工夫しています。

だから昨日出会った人たちは、「子育て世代」といっても、現代では絶滅危惧種である「ヤンキー」という名の特殊な性質を持つ生きものであることは理解しています。なのでみんながみんな、そうだとは申しません。ちゃんとしている人はちゃんとしています。

それはよくわかるけど、残念ながらああいうのは現実としているわけで、昨日ばかりは近所に保育園ができるのを嫌がる老人たちの気持ちが初めてわかりました。

相手は「静かにしていなければいけない場所である」という理屈もわからない赤ん坊。「どうせ何を言ってもわからないだろう」と、昨日は何も言わずにひたすら我慢しましたが、もし次にこのようなことがあったらどう対処するのがベストでしょう。

ああいうガラの悪いのを相手にしてイヤな思いをしたくないので、今のところ店の人に事情を話して席を変えてもらうくらいしか思いつきません。

最後に

外食.子連れ.奥芝商店八王子片倉城

せっかく楽しみにしていた奥芝のスープカレー。1500円以上も払ったというのに、イライラしてロクに味わえず、もうトホホですよ。

いずれリベンジと言いたいところですが、むしゃくしゃするのでしばらくはいいです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
外食.子連れ.奥芝商店八王子片倉城

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。ブログの管理人Violetです。 このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!