Violet@Tokyo

たまに乗った電車で・・

約 4 分

遅ればせながら冬用タイヤに変えようと谷保にあるBMWに行って車を預け、ここまで来たならついでに立川でセールでも見ようかと谷保駅に着きました。

すると「三鷹駅で人身事故発生」とのアナウンス。

なんでも中央線が動かないとのこと。それで分倍河原に出て京王線のホームに行きました。

すると京王線でも人身事故が発生していたことを知り、そのタイミングの悪さに唖然としました。それ以上にアナウンスが生々しかったです。

「警察の検証が終わり搬送も完了しました」と聞くと、嫌でもそのシーンを連想してしまいます。そこまでご丁寧に説明するなっつーの。

ダイヤの乱れはあったけど分倍河原は関係ないエリアだったので、無事、自宅に着くことができましたが、たまにしか乗らない電車なのに、なんともまぁ、ダブルで運の悪いこと。

それにしても人身事故の多いこと。人身事故と聞くと飛び込みを連想するけど、どうせ死ぬなら人に迷惑かけないようにひっそりとやってくれよと思います。

でもなんで電車なんだろう?確実に死ねるからかしら?

本気で死にたいと願う人の気持ちはわからないけど、よく聞く話しでは発作的に吸い込まれるようにとなるらしいですね。

だからそれまでそんな素振りは微塵も見せずってことが多いと聞きます。その分ご家族のショックは計り知れないとか。

電車を止めれば賠償責任も発生してくるらしいけど、回収できるのでしょうか?

でも時々タチの悪いのもいます。本気で死ぬ気もないくせに、ご丁寧に自身のブログで自殺予告をする人。

これは発作的に自殺を企てるより悪質です。そもそもブログってそんなことのために使うものなのか?違うだろ、ブログの使い方間違っているよ。

前にそんなメンヘラのブログを読んだことがありました。「死にます。さようなら」とアップしたから、「あらら、本当に死んじゃったのかしら?」と思って暫くしてからそこをみると「死のうとしたけど死ねませんでした」とけろっしてその後もブログを更新している。しかも一度や二度ではない。

リスカした手の傷をご丁寧に写真に撮ってブログにアップ。そんなのアップして何がしたいんだろ。

「離婚します」と署名捺印した書類を写真に撮ってブログにアップ。

もちろん今でも離婚してないけど、相変わらず離婚すると言い続けている。

でも断言します。本気で離婚する気なんてありませんからっ。

だってその人に必要なのは、ブログにアップするためのネタなんだから。離婚したらそのネタが1つなくなるんだから。

「ブログをやめます」と予告したのにまた更新する。やめようが続けようがいちいち予告する必要がどこにある?ってな話しですよ。

百歩譲って本当にやめるならそれはその人の勝手だけど、一番みっともないのは、「やめる」と言ったのにまた少し経つと更新していること。

「やめる」と言えば引き止めてくれるとでも期待しているのかしら?

これは典型的なかまってちゃんで、やがて「バッカじゃね?」という感想しか抱かなくなるのです。

オオカミ少年のように「ああ、また始まった」と笑うしかありません。そもそも予告するってことが痛い。よほど実生活で誰からもかまわれていないのかしらと頭をかしげたくなる。

ではなんでそんなブログをこっそり読んでいたかって?痛いのを通り越してツボサイトでもあったわけです。人には怖いもの見たさってものがあるでしょ?その類なんですよ。

だって今度はどの手を使うかな?みたいな次回予告が楽しみで仕方ないのです。まぁ、愉快なサイトでした。良い子のみんなは真似しないでね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/09/13)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :