Violet@Tokyo

たまには気分転換

約 4 分

3連休です。2週続けて台風が来ていますが、昨日、今日はまずまずのお天気。

ライターの仕事も一段落したので気分転換に背景画像を変えてみました。

調べごとがライター以外というのは久しぶりで、良い気分転換になります。

本当はテンプレートも変えたいのですが、そこまでやると大掛かりになりすぎて1日では終わりそうもないので背景画像とヘッダー画像のみです。それだけでもいい感じと、満足です。

グレーのドットの壁紙はヒバナでダウンロードしました。ヘッダー画像は海外の無料画像共有サイトからのもの。

あちこち見すぎてどこからダウンロードしたのかわからなくなりました。でもおしゃれな画像を探すのは楽しい作業です。

気分転換といえば昨日はクラブの人たちと軽く飲みました。

夕方駅前の居酒屋で待ち合わせしてワイワイ言いながらビールを飲む、これがまた楽しくて、以前のクラブとはまた一味違った楽しさがあります。

昨日はグループ戦でした。私は参加しませんでしたが、少し見学に行きました。前のクラブから移籍した人たちも参加していて、現在私とペアを組む機会が多い人が出たので様子を見に行きました。

ダブルスでは散々で、案の定ミスばかり。前のクラブでペアを組んでいた人と昨日はペアを組みましたが、この人たち、こんなに下手だった?というくらいミスばかりでした。

あの人たちはこれ以上伸びることはないでしょう。年々落ちています。過去にはピークがあったのかもしれませんが、すでにピークはとっくに過ぎています。それと私が組むというのはキツいです。

結局使い道がないからトリプルに回されましたが、他の二人が良かったせいか、トリプルでは勝ったみたいです。私が見ている限り、良いところはありませんでした。それで適当な時間に体育館を出て、近くのラーメン店でランチをして自宅に戻りました。

上の観覧席から見ていて思いました。クラブからは3チーム出ていました。

「ここに私の入る場所はあるのかな?」と、ふと過去のことを思いました。

前のクラブにいたとき、ビジターで来た人が私にこう言いました。

「ここに入っていくのは大変だよ」と。

あの時も居場所がないという実感を抱きましたが、今もそんな気分です。昨日も全く同じことを考えました。

「ここには受け入れ態勢が本当にあったのか?」と。

要は腕を上げなければダメなわけですが、腕がないうちに廃部になったのです。相手は「入れてやった」程度のものかもしれません。

5人の中で一番腕がある人でさえも組みたくないと言われていることを聞くと、実のところはただ人が欲しいだけで受け入れるという態勢ではないのかもしれません。色々な人の色々な言葉、胸に響きます。そんなことを考えながら試合を見ていました。

そして夕方、試合が終わってから合流して飲み会という流れです。酔った勢いで、少し不満を漏らしました。

「私たち5人が入ってからこんなに人が増えるのなら、他のクラブでも良かったのではないのか」と。

「後から入った人がペアが次々と決まり、私にはまだいない、今年いっぱい様子を見てから今後のことを考える」と言いました。

それに対してはダンマリを決め込んでいましたが、痛いところを突かれたのか、答えようがなかったのか、別に私一人いなくてもどうってことないということなのか、それはわかりません。

でも常識的に考えて、順序としては5人をしっかり受け入れるのが先です。その後で他の人ならわかるけど、私たちだって好きでペナルティーを受けているのではありません。

言ってまずかったかどうかはわかりませんが、溜め込むのはよくありません。私はあの3人が好きではないし、別の道を探すしかないようです。でも言ってすっきりしました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/09/13)

About The Author

violet

はじめまして。ブログの管理人Violetです。

このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!


Follow :