Violet@Tokyo

その場のことしか考えないツケや如何に?

約 4 分

町会の役について自分の考えをまとめておきます。

町会の理事と婦人部の理事の両方が回ってきて、かつ、町会を抜けた人もいる現在、誰かがだぶって役を掛け持つ状態になるのは仕方がないことです。

そうなると、イノちゃんが代わって理事をやるという決定をそのまま実行して、順番を変えるという前例を作ってしまえば、後がグチャグチャになるのは目に見えています。

だってダブらないようらするためには倍くらい住人がいなければ無理だからです。

私はそんな責任は取れないから、「今まで順番通りにやってきた以上、それを途中で勝手に変えるべきではない」と言いました。

一番スームズな方法を考える

本来ならこの場合、どうやったらスムーズかを第一に考える必要があります。ブロック長の仕事はたかが知れているから、外の役がダブらないようにするのが一番の方法だと私は考えます。

婦人部の理事を順番通りと決めてスタートしたのなら、町会の理事は婦人部の理事を終えた人がやるべきです。婦人部がなければ理事とブロック長を同時にはできないというのならわかります。

でも今はそうではなく、両方が回ってきているし、町会を抜けた人がいて、できる人は限られている状態です。

その後に起こりうる問題を想定する

「誰かがやるしかない」と、目の前の揉め事を避けることしか考えず、この後に起こりうる事態を想定せずに、安易に引き受けるイノちゃんの決断はどうかと思います。

その場だけ良い顔をしたいと引き受けた本人はそれでいいかもしれないけど、後の人が掛け持ちに対して不満を持ったらどうするつもりでしょうか?

またそんな前例を作り、ゴネればなんとかなると学習した人が、順番をかき乱して他の人に迷惑をかけ、迷惑をかけられた側の人が不満を抱いたらどうするつもりでしょうか?

だって来年度だけのことではないのですから。しかも変えたことによって、その後、様々なしわ寄せが発生する可能性は大なんですから。

当たり前の常識が通らない一角だから、私も納得できないならゴネますよ。「前の二軒がやらないならやらない」「班長も順番通りにやってくれ」ってね。

決まりごとを覆すなら、誰もが納得する理由を探す

すでに決まっていることを覆すのなら、住人全員の承諾を得なければなりません。でもそれをせず、決まり事を自分の一存で勝手に変えたのですから、その後に起こる責任も全て引き受けるべきです。

2年できない理由は、2年間ずっと都合が悪いという、住人の全てが納得するような明確な理由であるべきです。

一方的に決まり事を変えるからには、それなりの理由をきちんと用意して欲しいものです。

前の二軒にしても、一方的に「できない」と自分の都合だけを言うのではなく、「こういう状態だけどどうしたらいいでしょうか?」と、住人全体に、問題提議をする形でお伺いを立てるべきです。

少なくとも私ならそうします。そうすれば風当たりが少なくてすむし、今後だってスムーズに物事が運ぶはずです。

できないのとやらないのは違います。やらないなら町会を抜ける道を選ばせるべきです。

正直な感想

まさか人一倍世間体を気にするあの人が「班長をやるから理事はできない」と言い出すとは思いませんでした。2年の役をできない理由に、たった1年の役を理由にするなんて、どういう神経なんでしょう。

しかもその仕事は、半日もかからずに終わる内容だと言うのに・・。

それを堂々と理由にするバアさんは論外だけど、(もしかしたら誰かの入れ知恵かも?)それを「おかしい」と思わない住人の方がはるかにどうかと思います。

ここでは『おかしい」と思うことを正直に言う人が「おかしい」ことにされる一角です。結局、おかしい者同士ってことですね。

イノちゃんは、自分はいいことをしたくらいに思っています。それをうっかり非難すれば、後が大変なので(過去、何度も懲りている)、今は何も言わず、問題が勃発したら言ってやります。

変わり者は疲れる。これが今の正直な感想です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/26)

About The Author

violet
はじめまして。ブログの管理人Violetです。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!
Follow :