Violet@Tokyo

お疲れ気味の夫が嫌

約 3 分

朝から夫は不機嫌でした。口数も少なく、ボーっとして、テレビをつけたままリビングでずっとゴロゴロしていました。

疲れがたまっているのかと思ったけど、こちらからはあえて何も言わずにいました。

なぜって?自分で調子が悪いと思ったら、不機嫌な顔してゴロゴロしてないで、「今日は調子か悪いから二階で寝てる」と言って休めばいい。

ガキじゃないんだから、そのくらいの判断は自分でできるだろう。 無理に起きてきて、リビングで不機嫌モードを発せられることの方がはるかに不愉快です。

休みなんだから、休みの日は堂々と休めばいい。疲れているなら無理に起きてこなくていい。無理に起きてきて不機嫌な顔をされるより、はるかにその方がいい。

いや、私が本当に嫌なのは、疲れている夫が嫌なのではありません。

疲れているのに、本当は寝ていたいのに、とりあえず無理に起きてきて、挙句不愉快な顔をされることです。それなら最初から起きてこなくていいのです。「疲れているから寝ていたい」でいいじゃない。

そういう自己アピールを、ちゃんとしないことが嫌なのです。

起きていれば、こちらも夫が休日にしかできないことをやりたくなります。でも最初から「今日は疲れているから寝ている」、あるいは「今日は何もしたくないから寝ている」と、自分から堂々と言えば、私もそれ以上は望みません。

その程度の簡単な意思表示もしないくせして、ただ不機嫌な顔をされるのはとても嫌です。

休みは体を休める日です。でも、その一方で本当に好きな趣味がある人は、その休みを利用して、趣味に没頭します。例えばバドミントンが趣味の人は、土日を利用してバドミントンをして過ごします。

体を休めることにはならないかもしれないけど、体を思い切り動かして、いい汗かくことで、心のリフレッシュをしています。 夫に必要なのは、むしろそちらの部分ではないのかと思います。

このままの状態で年老いたら、ボケ老人になること請け合いです。自分から楽しみを見つけるとか、自分から何かしようとか、そういう意欲がないまま年だけ重ねていけば・・・。

ただのつまんないジイさんになるだけです。

やはり男はいつまでも精力的であるべき。そうでなければ魅力はないです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でvioletをフォローしよう!

Pick Up


(最終更新:2017/12/15)

About The Author

violet
はじめまして。ブログの管理人Violetです。
このブログは私が日々感じたこと、考えたことに独自の視点を交えて書き留めている忘備録です。読者の方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。詳しいプロフィールはこちら!
Follow :